畳の知って得するQ&A

 

Q1:畳の大きさはいろいろあるのですか?

A1:

京間(本間)

95.5×191.0cm(3尺1寸5分×6尺3寸)

中京間(三六間)

91.0×182.0cm(3尺×6尺)

江戸間(五八間)

88.0×176.0cm(2尺9寸×5尺8寸)

畳一枚のサイズは上記の通りです。

畳は全部同じ大きさだとよく間違われるのですが、畳というものは部屋によって大きさが異なります。さらに1枚1枚も違います(部屋にはくせがある為)その為、畳を作る際には部屋に行ってきっちり寸法を測るのです。だから敷き方を変えてしまうと入らなくなるのです。

 

Q2:新しい畳の青さを長持ちさせたいので、じゅうたんなどを敷いてもよいでしょうか?

   A2:畳の上にじゅうたんなどを敷くのは、せっかくのイグサの呼吸を止めるようなものです。

      掃除も行き届かず、ダニやカビの原因になります。新しい畳の香りと感触を存分に味わってください。

Q3:畳1枚にイグサってどれくらい使われているの?

   A3:イグサは畳1枚に対して約4000〜5000本使われています。

       高級品になると7000本ものイグサが使われています。