2016年/expansion of 必殺

〜 2016年、必殺の浸透 〜

 1970年代のSF界が迎えた状況に、「浸透と拡散」と言う言葉がある。それまで、一定の領域=ファンの間に留まっていたSFが、小説だけでなくマンガや映画等……あらゆるメディアに広がって行った事を指して、筒井康隆が評した言葉だ。
 2016年5月1日現在、「必殺仕事人2016」の製作発表は未だなされていない……。だが、昨年製作・放映のアニメ「アカメが斬る!」に続き、必殺テイストを感じさせるメディア展開として、アニメ「Dimension W」・ドラマ「怪盗山猫」・舞台「闇狩人」等が挙げられ……細川真義氏作画の「新闇狩人」、武村勇治氏作画の「仕掛人 藤枝梅安」の連載も、それぞれ始まった。コミック・アニメ・ドラマ・舞台での展開……これは、「小説」と言う領域を超えて、あらゆるメディアに「浸透」していった《SF界》と似ているんじゃないだろうか?(ただ、一般に「浸透」していったSFが、その後「拡散」し過ぎてしまって、中心部分が「空洞化?」してしまった事を考えると、「拡散」と言う言葉は余り使いたくない)

 「必殺仕事人2016」の製作発表……そして、更なる「多メディア」への必殺の《浸透》を期待しつつ、今年も「必殺シリーズの流れ」を綴って行きたいと思う。尚、昨年同様、このコンテンツでの新聞・雑誌・TVの再放送等は「京都&関西地区の情報」が中心になっている旨、お断りさせて頂きます。





◆2016年・必殺の浸透◆

◎ 1月5日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第18巻を発売。
        東京国立近代美術館フィルムセンター。三隅研次監督の映画&TVドラマの
            傑作・名作の連続上映を開始(必殺シリーズは、2月20日〜3月13日に上映)。
◎ 1月6日 坂口いくの現代版仕事人を描いた劇画「闇狩人」の舞台化が発表される(公式サイトも開設)。
◎ 1月9日 テレビ大阪系の情報グルメ番組「おとな旅あるき旅」《第328回:冬の京都》で、
            三田村邦彦が京都・太秦界隈をぶらり旅。藤田まことと「必殺仕事人」の思い出を語る。
◎ 1月10日 KBS京都、必殺仕事人テイストのSFアクションアニメ「Dimension W」の放映を開始。
            (TOKYO MX系 〜3月27日)
◎ 1月16日 読売テレビ、必殺仕事人テイストのミステリー・アクションドラマ「怪盗山猫」放映開始。
            (日本テレビ系 〜3月19日)
         KBS京都、萬屋錦之介主演の裏稼業モノ時代劇「長崎犯科帳」の放映を開始。
◎ 1月19日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第19巻を発売。
◎ 1月18日 俳優・中村梅之助氏、死去(仕事人III・IV・V・旋風編・風雲竜虎編のOPナレーション担当)
◎ 1月25日 朝の連続テレビ小説「あさが来た」《第17週:最後のご奉公》−25日放映分で、
            必殺仕事人の組紐屋の竜のパロが登場。
        ニコニコ生放送、「必殺仕事人III」の連日配信を開始(平日:1日2話放映)
◎ 2月2日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第20巻を発売。
◎ 2月4日 大阪・松屋町の「cafe・gallery タロイモ」で、「藤田まことさんを偲ぶ」と題して、
            竹内志朗氏と藤田まこと氏関連の舞台&TVの各種資料を展示(〜4月3日まで延長)。
◎ 2月5日 ポニーキャニオン、「必殺仕事人2015」DVD&ブルーレイの発売決定。
◎ 2月6日 松竹、劇場版「必殺!」6部作のブルーレイを単品&BOXで発売。
◎ 2月16日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第21巻を発売。
◎ 2月17日 美術出版社発行の雑誌「美術手帳}3月号、
             「明治工芸の"必殺"仕事人!!」と題した特集を掲載。

◎ 2月23日 脚本家・安倍徹郎氏、死去(「仕掛人」「仕置人」「仕事屋」「仕業人」他、多数)。

「必殺シリーズ」の傑作の生みの親

脚本家・安倍徹郎氏のご冥福をお祈りいたします。

◎ 2月26日 リイド社、SPコミックス「"殺医"ドクター蘭丸 禁断の薬物編」
             (作・梶研吾 画・井上紀良)を発売。
◎ 3月1日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第22巻を発売。
◎ 3月13日 リイド社発行の時代劇コミック誌「コミック乱 TWINS」。さいとう・たかを氏の
             「仕掛人 藤枝梅安」が、作者の体調不良の為に連載終了となる事が発表される。
◎ 3月15日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第23巻を発売。
◎ 3月20日 NHKの大河ドラマ「真田丸」《第11回》 祝言…で、寺島進氏演じる出浦盛清の
             室賀正武暗殺シーンが、必殺仕事人みたいだとツイッターで話題になる。
◎ 3月21日 声帯模写兼俳優の四代目・江戸屋猫八氏、死去
             (「富嶽百景」レギュラー、「仕事人」「仕事人IV」ゲスト/当時・江戸屋小猫)
◎ 3月25日 スクウェア・エニックス社発行の月刊コミック誌「ビッグガンガン」Vol.4、現代版必殺仕事人の
             「新闇狩人」の連載を開始(原作・絵コンテ::坂口いく 作画:細川真義)。
◎ 3月27日 必殺シリーズを始めとする、時代劇ロケの聖地―流れ橋が全面改築により復旧。
             開通式&渡り初めが行われる。
◎ 3月29日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第24巻を発売。
         リイド社、SPコミックス「"殺医"ドクター蘭丸 甘い誘惑編」
             (作・梶研吾 画・井上紀良)を発売。
◎ 4月12日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第25巻を発売。
◎ 4月13日 リイド社発行の時代劇コミック誌「コミック乱 TWINS」にて、さいとう・たかを氏に代わり、
             武村勇治氏作画による「仕掛人 藤枝梅安」が次号より連載となる事が発表される。
             (さいとう氏と武村氏による「緊急特別対談」も掲載)
◎ 4月26日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第26巻を発売。
◎ 4月27日 リイド社、SPコミックス「"殺医"ドクター蘭丸 謎の美女編」(作・梶研吾 画・井上紀良)を発売。
◎ 5月1日 東京国立近代美術館。「映画監督 三隅研次特集」と題して、仕掛人・第12話/秋風二人旅
             第21話/地獄花…をニュー・プリントで上映(石原興監督によるトークイベントも開催)。
◎ 5月10日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第27巻を発売。
◎ 5月11日 ポニーキャニオン、「必殺仕事人2015」をDVD&Blu-rayで発売。
◎ 5月12日 俳優・演出家の蜷川幸雄氏、死去(「暗闇仕留人」ゲスト)。
◎ 5月13日 舞台「闇狩人」、天王洲銀河劇場で東京公演開始。
         リイド社発行の時代劇コミック誌「コミック乱 TWINS」にて、
             武村勇治氏作画の「仕掛人 藤枝梅安」新連載を開始(&表紙も)。
◎ 5月17日 J:COM、松平健が仕掛人を演じる、池波正太郎原作の時代劇「顔」の製作&放映を発表。
◎ 5月24日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第28巻
             (SP「恐怖の大仕事」)を発売。
◎ 5月28日 舞台「闇狩人」、福岡県・北九州芸術劇場にて公演。
◎ 6月4日 時代劇専門チャンネル、松平健が〈仕掛人・木村十蔵〉を演じるドラマ
                「顔」を放映(原作:池波正太郎)。J:COMによる配信も開始。
◎ 6月7日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第29巻を発売。
             (「新・必殺仕事人」シリーズ刊行開始)
◎ 6月14日 女優・中川梨絵さん、死去(「必殺仕置屋稼業」ゲスト)。
◎ 6月21日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第30巻を発売。
◎ 7月5日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第31巻を発売。
◎ 7月19日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第32巻を発売。
◎ 7月26日 ニコニコ生放送、「必殺仕事人IV」の連日配信を開始(1日2話放映)。
◎ 8月2日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第33巻を発売。
◎ 8月2日 KBS京都、「必殺仕事人V」の再放送を開始。
◎ 8月16日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第34巻を発売。
◎ 8月6日 俳優・梅津栄氏、死去(「仕事人III・IV」レギュラー。「仕掛人」他、ゲスト出演多数)。
◎ 8月18日 テレビ朝日&朝日放送、「必殺仕事人2016」の今秋放映を発表。
◎ 8月19日 各種スポーツ新聞・ネットニュース・ワイドショー
           新作SPの製作&放映を報道、公式サイトも開設。
◎ 8月24日 月刊TV情報誌「TVnavi」9月号、「必殺仕事人2016」の新作情報を2P掲載。
           月刊TV情報誌「ザ・テレビジョン」「TVガイド」「おとなのデジタルTVナビ」
           「デジタルTVガイド」9月号、共に「必殺仕事人2016」の新作情報を1P掲載。
◎ 8月25日 スクウェア・エニックス、
           「新闇狩人」(原作・絵コンテ/坂口いく 作画:細川真義)の第一巻を発売。
◎ 8月30日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第35巻を発売。
◎ 9月4日 平尾昌晃氏の新レーベル・ジュウバコから、「必殺仕事人2007」以後の新曲を集めた
           CD「必殺仕事人新録劇伴集」の発売を告知(発売予定日:11月30日)
◎ 9月13日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第36巻を発売。
◎ 9月17日 朝日放送、「必殺仕事人2015」を再放送し、各種予告編も放映開始。
◎ 9月20日〜24日 テレビ朝日系の各種人気番組に、
                必殺仕事人2016のレギュラー&ゲスト俳優陣が出演。
◎ 9月21日 東京・新宿の地下街他で、「必殺仕事人2016」の番宣POPを多数掲示。
        週刊TV情報誌「ザ・テレビジョン」「TVガイド」、隔週刊「TV LIFE」「TV station」
           それぞれ「必殺仕事人2016」の新作情報を2P掲載。



◎ 9月25日 SP「必殺仕事人2016」、放映!
(視聴率−関東:10.0%・関西:15.6%)

         「必殺仕事人2015」のDVD&Blu-ray発売、及び見逃し動画の配信も決定
◎ 9月27日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第37巻を発売。
◎ 9月29日 テレ朝系の歌謡スペシャル番組「甦る歌謡曲 〜懐かしの昭和スター名曲大全集〜」で、
         「南座必殺まつり」(琉球蛇皮線恨み節」)の歌謡ショーの映像が流れる。
◎ 10月6日 BS朝日放映のザ・ドキュメンタリー「藤田まこと 〜番狂わせの役者人生〜」で、
          必殺シリーズと中村主水の裏話や貴重な写真・映像が流れる。
◎ 10月11日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第38巻を発売。
◎ 10月23日 俳優・平幹二朗氏、死去(「仕事人2009」・映画「ブラウン館」ゲスト)
◎ 10月25日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第39巻を発売。
◎ 11月8日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第40巻を発売。
◎ 11月20日 日本テレビ系のバラエティー番組「行列の出来る法律相談所」のゲスト・大倉忠義氏、
            「必殺仕事人2009」製作当時の藤田まこと氏と降板に関する裏話を披露。
            (「必殺仕事人2009」のメイキング画像&再現映像あり)
◎ 11月22日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第41巻を発売。
◎ 11月30日 平尾昌晃氏のレーベル・ジュウバコ、CD「必殺仕事人 新録劇伴集」を発売。
◎ 12月6日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第42巻を発売。
         ドイツのゲームメーカー・Daedalic Entertainment社、日本の戦国時代を舞台とした
            必殺仕事人ゲーム「Shadow Tactics: Blades of the Shogun」の配信を開始(日本語版)。
◎ 12月12日 テレビ朝日系刑事ドラマ「警視庁ナシゴレン課」第9話で、浅羽ショウ役の中山麻聖氏
            (三田村氏の息子)が、父が「必殺仕事人」で使った簪を持って登場。
◎ 12月20日 ディアゴスティーニ社、隔週刊「必殺仕事人DVDコレクション」第43巻を発売。





◆2016年・私的「必殺」回顧◆


 2016年の必殺シリーズ関連のメディア展開は、必殺テイストを感じるドラマ・アニメ・コミックの展開に始まり、年一回の恒例となっている新作―「必殺仕事人2017」の放映を挟み、終盤は「歌謡番組に『南座必殺まつり』の映像登場」「BS番組での藤田まことドキュメンタリー」「『行列の出来る法律相談所』での必殺仕事人2009の裏話・再現映像」等、藤田まこと氏に注目が当てられたように思う。
 ただ、その反面、必殺シリーズを扱った商品としては……「必殺仕事人2015」&劇場版「必殺!」6部作のDVD&ブルーレイ、平尾昌晃氏のレーベル・ジュウバコより「必殺仕事人 新録劇伴集」、ここ数年ずっと続いている「必殺DVDコレクション」の継続的発行…等に限られ、いささか寂しかったのも事実だ……。
 後、個人的に嬉しかった事がある。大阪・松屋町の「cafe・gallery タロイモ」で行なわれた「藤田まことさんを偲ぶ」展で、必殺シリーズの全てのサブタイトル文字を描かれた、竹内志朗さんとお会い(&お話も!)出来て、サイン・著書をゲットできた上、必殺仕事人の舞台に関する超貴重な資料の数々に触れられた事だ!

 それでは、ここからは毎年恒例……。知人から頂けた映像&資料、ヤフオク&京都古本まつり・ブックオフで購入・入手できた「必殺&時代劇関連」の書籍・グッズ・各種雑誌等の資料(一度手許から失われ、再度入手した物も含む)をリストアップして、この項を終える事にする。今年は、DVD・CD・パンフレット・雑誌・書籍・コミックと大収穫な1年だった!
◎「必殺仕事人DVDコレクション」(第17〜43巻/28巻を除く)
◎「必殺仕掛人」DVD−BOX(中巻)
◎「必殺仕置人」DVD−BOX(下巻)
◎「闇の狩人」DVD(仲代達矢版&中村梅雀版)
◎「ザ・ドキュメンタリー/藤田まこと 〜番狂わせの役者人生〜」DVD
◎非売品CD「ぱちスロ 必殺仕事人・サウンドトラック」
◎舞台「南座必殺まつり 琉球・蛇皮線恨み節」パンフレット
◎舞台「南座必殺まつり 地獄花」パンフレット
◎テレビジョンドラマ「必殺ポスター全集」
◎「必殺!テレビ仕事人」(山内久司)
◎「テレビと芝居の手書き文字」(竹内志朗/著者サインあり)
◎「闇の狩人」(梅雀版;:小冊子&ポストカード)
◎「闇の狩人」(仲代版:松竹宣伝ガイド)
◎雑誌「ふぁんろーど」1983年1月号(必殺シリーズ特集)
◎池波正太郎「闇の狩人」(上・下巻)
◎文庫同人誌「必殺断罪人 ―約束不要・邪剣不要―」
◎SPコミックス「仕掛人 藤枝梅安」(画:さいとう・たかを)第16・18・20〜22巻(最終巻)
◎坂口いく・細川真義「新闇狩人」(第一巻)
◎タカヒロ・田代哲也「アカメが斬る! 公式ガイドブック」
◎板橋しゅうほう「ペイルココーン」


目次へ戻る「必殺!闇稼業」へ戻る          「必殺Web人 激筆!」へ戻る 「必殺Web人 激筆!」へ戻る