〜とわだ時空調査隊 TOP PAGEへ〜 〜まち情報掲示板へ〜 
「稲生町タイムトラベル」スケジュール
・・・・2010年7/25〜8/28・・・・


■鎧戸めぐり
稲生町タイムトラベルでは、シャッターを歴史へとつながる扉として「鎧戸」(よろいど)と称します。
のぞくとそこには「立版古」が。
立版古(たてばんこ)とは、江戸時代後期から明治期にかけて流行った仕掛け絵のひとつ。
不思議な立体感があなたを時空の旅へといざないます。

期 間:7月25日(日)〜8月28日(土)
場 所:稲生町各所
(期間中、稲生町商店街各「タイムトラベルたちより処」、十和田市現代美術館他にてマップ配布)

■妖怪お話会
むかしむかし…狐や狸が跳梁跋扈していた三本木原…。
地元訛りの語り部が、この地に伝わる妖怪話、さらに幽霊話を語ります。
日 時:8月16日(月) 定員:各40名(無料・先着順)
黄昏の段・・・16:00〜17:00 場所:太素塚
宵闇の段・・・20:00〜21:00 場所:稲生町 C-ラウンジ
※当日は稲生川灯ろう流しがあります(18:30太素塚出発/19:00〜19:45灯ろう流し)

■稲生町ミステリーツアー
稲生町に隠されている小さな秘密や出会い、いままで知らなかったまちの魅力をガイドと一緒にめぐります。参加者にはもれなく「南部裂き織り」のしおりをプレゼントします。
日 時:7月31日(土)、8月7日(土)、21日(土)11:00〜12:00
集合場所:十和田市現代美術館 休憩スペース(カフェ)
定 員:20名(無料・先着順)

■稲生町路上観察
超芸術トマソン観測センター同人・飯村昭彦(いいむらあきひこ)氏を講師に、稲生町観測ワークショップを行います。
そこで見つけた「稲生町芸術状物質」の写真展を開催し、まちの新たな魅力を発信します。

(1)稲生町路上観察レクチャー&ワークショップ
日時:8月 1日(日)14:00〜16:00
場所:十和田市現代美術館市民活動スペース
定員:20名(無料・先着順)
(2)稲生町路上観察報告会
日時:8月22日(日)14:00〜16:00
集合場所:市民ふれあいホール
定員:20名(無料・先着順)
(3)「稲生町芸術状物質」展
期間:8月22日(日)〜28日(土)
時間:10:00〜19:00
場所:市民ふれあいホール

■ガリ版ワークショップ
鉄筆を使って、蝋引き紙にガリガリ。特徴のある文字やわら半紙の風合いに思い出のある人も多いのでは?
独特な文字が懐かしいビラを飯村さんとともに作ります。

日時:8月8日(日)10:00〜12:00
講師:飯村昭彦
集合場所:市民ふれあいホール
定員:20名(料金\200-ドリンク付き)

■アイスマンマ計画
まちの人は懐かしく、知らない人はびっくりの美味さ!あの日の行列メニューが復活します。
稲生町四丁目名物「アイスマンマ」、その他稲生町の懐かしの味を復刻します。
期間:8月22日(日)〜28日(土)
場所:ばら焼きショップふじの・的場菓子店 1個100円にて販売中

■大行灯プロジェクト
まちで最初に行われた祭り「大行灯祭り」をもとに、昭和40年代からまちのランドマークとして親しまれた「松木屋」看板を「未来への大行灯」に変容させます。
日時:8月28日(土)19:00〜21:00
場所:元 松木屋(現 まちの駅)屋上、みちのく銀行駐車場
※美術館主催・盆踊りイベント「三本木小唄ナイト」も合流します。