>2012/09/10:簡易ギャング

2012/09/10:簡易ギャング
簡易ギャング仕掛です。

材料
ナツメ型オモリ(適宜)
サルカン
スナップ付きサルカン
ステン棒
ステン棒1.4φ
ステン線
ステン線0.6φ

私のHGで、イシモチ釣をしていて、食いが悪くなって来た時に、時合いがくるまでギャング仕掛けでズリズリをしたい時があるのですが、市販のギャング仕掛では、重くてイシモチ釣用の竿では投げる事ができませし、持ち運びも大変です。

そこで、軽いギャング仕掛けを作ってみました。(12号と15号)小さく出来るので持ち運びも楽になります。

又、この仕掛けは、遠投するのにも向いています。サーフ用のタックルで25号の仕掛けを使えば、4色以上飛ばせます。無論、針が一個しかありませんから、かけられる頻度は低くなりますが、遠くまで飛ばさないといけない時などにトライしてみてください。



ステン棒1.4φを150mmのところで切断します。オモリが小さい場合はもう少し短い(120㎜位)方が良いと思います。

曲げやすくする為に、両端をなまらせます。両端30㎜位をガスコンロで真っ赤になるまで熱します。火傷しないようにペンチ等で持って行ってください。素手で持つと焼けどします。

徐々に冷めるまで待ってください。水などで急激に冷やすと硬くなりますので自然に冷めるまで待ってください。

冷めましたら、両端の変色している部分をサンドペーパーで、変色が無くなるまで磨きます。変色したまま(酸化しています)ですとロウ付けするときにノリが悪くなります。



片方の端をペンチ等で曲げて、輪を作ります。オモリを通して、すっぽ抜け防止に、0.6φのステンの針金(100円ショップなどにあると思います。)を8回ほど巻きつけます。






反対側の端も同様に曲げて輪を作りますが、輪の中にスナップ付きサルカンを入れておきます。






両端の輪の付け根部分をロウ付けします。20W程度の半田コテを使用するのが良いかと思います。大きすぎると、温度が上がりすぎて、酸化が早くなり綺麗にロウ付けができません。

すっぽ抜け防止の0.6φのステンの針金も位置を決めて仮付けします。


オモリのロウ付けは、100w 程度の半田コテを使用します。オモリの両端からロウ付けしますが、中の空気が膨張して、半田が吹きだしてくる事がありますので、火傷しないように注意してください。

又、冷めるまである程度、時間がかかります。不用意にオモリなどに触ると思わぬ火傷をしますので、気をつけてください。

完成品
最後に水で洗って、フラックスや汚れを落として完成です。写真は上から25号、20号、15号、12号のオモリを使っています。
下の2個は、ルアー竿で使用できる重さになっています。




ギャング針をつけるとこうなります。