>2012/09/09:Ajikakgouki
2012/09/09:AjikakgoUki
アジカゴ用の錘負荷4号のウキの製作になります。ウキの写真

材料
ウキ材
軟質発泡ウレタン25φ L=80mm
パイプ
ビニールパイプ 3φ L=60mm
板錘
補強材
ケミ50使用済み
チューブ
ケミ50用チューブ
ラッカー
発泡クリヤ
ニス
水性ウレタンニス
塗料
蛍光塗料
接着材
2液混合エポキシ10分硬化
久しぶりにウキの製作を行いました。それに当たって購入したウレタン材が軟質発泡の物でした。ちょっと躊躇いたしましたが、軟質発泡は比較的廉価なので使えればありがたいです。

硬質に比べて、サンドペーパーの利きが悪いようです。仕上げを綺麗に仕上げるのが難しいです。何度か製作していけば、どうにかなるかもしれませんが・・・。


心棒の写真
ウキの心棒の製作です。使用済みのケミ50の両端を切り落として、中のガラス等を綺麗に取り除きます。

3φのビニールパイプにタコ糸を10mm位巻きます。接着剤をタコ糸に塗り、ケミ50に5mm位差込ます。出来るだけビニールパイプがまっすぐなるようにして、硬化するのを待ちます。



材料の写真
軟質発泡ウレタンを80mmの長さに切断します。









心棒の写真
心棒にナマリの板錘を20mm位の長さに切り、接着剤をつけてケミ50のパイプに巻きつけます。板錘とケミ50のパイプの端麺を合わせます。硬化するのを待ちます。







ウレタン加工の写真
軟質発泡ウレタンの中心の穴をヤスリを使用して広げます。ケミ50のパイプの長さ位を広げます。








本体と心棒の写真
心棒に接着剤を塗布して、差し込みます。心棒の端麺とウレタンの端麺が一致するまで、押し込みます。

はみ出した接着剤は、綺麗にふき取ります。削り出す時に楽になります。

接着剤が硬化するまで待ちます。



削りだしの写真
カッターナイフで削り、形を整えます。リンゴの皮を剥く要領で少しづつ削っていきます。少しづつ丁寧に削ってください。

サンドペーパーをかけます。あまり利きませんが、多少なりとも滑らかになります。

ドライヤーなどで熱風を当てると、ケバ立ちが押さえられるの情報もありますが、加減が難しいので私はやりません。

発泡クリヤを塗布し(2度)乾燥してから、水性ウレタンニスを2度塗ります。その後、蛍光塗料を塗ります。

蛍光塗料が乾燥しましたら、再度、水性ウレタンニスを2度塗ります。水性ウレタンニスが乾燥しましたら、電ケミのレセプタを埋め込む為に、丸ヤスリで穴を空けて行きます。その穴に、電ケミのレセプタに接着剤を塗り、埋め込みます。


完成の写真
接着剤が硬化したら、ビニールパイプを切断します。これで、完成です。








使用例の写真
全体では、右の写真の様にして使います。(写真は前回のウキです。)

前回のウキよりTOPを細くして、感度をあげてみました。