2012年4月11日(水) 宇都宮市内において、

  通訳案内士の資質・技能向上のための研修

 ( テーマ 「 写真撮影の基礎の基礎 」、 

        ナビゲーター  栃木県通訳案内士協会 増田 剛 )

  を実施しました。

   ( Studies about ”Basic skills of taking pictures", Apr. 2012 )

   

 (上、研修の様子)

1.日時     2012年4月11日 水曜日 午後1時30分〜午後3時30分

2.場所     宇都宮市本町 「とちぎ国際交流センター 2階」

3.参加者    8名

4.研修担当   増田剛(栃木県通訳案内士協会)

5.研修内容   写真撮影の基礎、意見・情報交換

6.レポート

  今回は、お客様である外国人旅行者から写真撮影を依頼されたときに、自信を持って写真撮影

 ができるようになることを目的に研修を実施しました。

  撮影時の姿勢やピント合わせのテクニックなどをお伝えさせていただきました。

 

(上、研修の様子)

 

7.おわりに

  この研修の実施にあたり、お忙しい中ご参加いただいた皆様にこの場をかりて、厚く御礼申し上げます。

  参加者の中には「全自動だから今まで何も気にせず撮影していました。」とか、「今まであまり

 自分から積極的にカメラを持ったことはなかった。」というかたもいて、本研修を機に少しでも

 撮影技術が向上することを研修担当者として期待するところです。

  私たちが撮影した写真によって、日本での素晴らしい滞在経験が思い出され、「また日本に行きたい!」

 と旅行者に思っていただければ、通訳案内士としてこんなにうれしいことはありません。

                                          以上

(本レポート作成、文責、栃木県通訳案内士協会 増田 剛)

 

TOTAKの研修・活動結果の一覧へ