85  丸山千枚田(三重県紀和町)

慶長6年には既に2,240枚もの棚田があったと言われています。その後、増加、減少、復元の経過をたどり現在は1,340枚。保全は地元の丸山集落の住民が中心に行っています。また「オーナー制度」が立ち上げられ、都市の人からも支援を仰いでいます・・・それはよい事だと思います。しかし棚田百選に指定されたことで、あまりに過剰な観光化が進むのは考えもの。中心部を通る農道が舗装化されているのは頂けないと感じました。ここは人気があるらしく、この時はたまたま土曜だったこともあって沢山のカメラマンが来ていました・・・私、そういうのって苦手です・・・またいつか訪ねたいと思います。

 

撮影アドバイス

傾斜のある物を上から見下ろして撮影する場合、被写体が圧縮されてしまうので意外と位置取りが難しいものです。棚田の重なり具合や広がりを考慮すると自ずと撮影ポイントも限られてきます。奇を衒う必要はなく、先ずその良いポイントを見つけましょう。なお、山手の高台から棚田を俯瞰できるポイントがあると聞きました。地元の人に訊ねれば分かると思います。

 

 

 

トップページへ        次のページへ