8 能登・見附岩(石川県珠洲市)10月上旬

弘法大師ゆかりの見附岩は、俗に軍艦島と呼ばれています。その形も然ることながら、周囲の状況からして、森を頂く岩肌剥き出しの小島が何故ここにだけ在るのか、ということも不思議な感じがしました。森の中には社があるそうですが、自然が創造した造形に神秘性を感じる心を古人は持っていたのでしょう。夜明け前に現地に着き、じっくり時間をかけて撮影しています。

撮影アドバイス

風景写真を志す者にとって、朝夕の時間帯はとくに大切です。ライティングだけの問題ではありません。一日の始まりと終わりには、空間的にも心情的にも非日常の世界を垣間見ることができるからです。それには、夜明け前、日没後までを見届けるくらいの意気込みで撮影に臨むのがベストでしょう。経過を見ることで感性が磨かれていきます。

 

 

 

トップページへ        次のページへ