72 知床・フレぺの滝(北海道斜里町)

この滝には川がなく、大地と岩の裂け目から湧き出た伏流水が岸壁を流れ落ちています。以前、初夏に訪れた時は、水量は控えめで滴るように流れ落ちていました(別名「乙女の涙」と呼ばれる所以でしょう)。それゆえ、厳冬期にはきっと素晴らしい氷幕を見せてくれるだろうと期待していました。誤算だったのは、伏流水は水温の変化が少なく、主流は凍結しないということ。そして良い意味で想定外だったのは、周囲の岸壁が見事な氷塊と化していることでした。

撮影アドバイス

ウトロの知床自然センターから徒歩20分程のところにあります。冬季はスキーかスノーシューを着用しないといけません。作品は氷壁を捉えたものですが、手前の雪景を入れることで対比効果を狙っています。氷の青味を強調するには、ややアンダー気味の描写(露出のマイナス補正という意味ではありません)が良いでしょう。

                          70〜200mm・絞りF16・オート・RVP

 

 

 

トップページへ        次のページへ