63 飛龍・賀老の滝・虹(北海道島牧村)7月上旬

かつて開拓者が入植していた頃は(現在はいない)、ヒグマの姿があちこちで見られたという賀老高原にある、北海道屈指の大瀑布。初夏、雪解けで水量の増す頃が見ごたえあります。広い谷間に幅広の流身をかけ、私が訪ねた時には見事な虹を見せてくれました。広い駐車場があり遊歩道も整備されていますので、徒歩20分程で気軽に観瀑することが出来ます。ところでこの写真は、滝写真というより「虹写真」かな?午前中、虹が架かりだしてから色々撮った中の一枚です。

撮影アドバイス

滝の魅力の一つに虹があります。この滝の虹は有名ですが?他の滝でも陽が当たれば虹が出る可能性があります。その条件は、太陽を背にし、視半径(太陽と被写体を結んだ線と、自分の視線が交わる角度)が42度・・・その位置に虹が出ます(見えます)・・・これを覚えておくと意識的に虹を探すことも出来るわけですね。飛沫の多い滝では一層条件が良くなります。滝を訪ねたら思い出して下さい!

                                                                300mm・F4・オート・RVP

 

 

 

 トップページへ        次のページへ