61  神仙沼(北海道共和町)10月中旬

ニセコ連山周辺にある湿原の中で、最も美しいと言われているのが神仙沼です。おそらくそれは、新緑や色とりどりの花々が咲き乱れる初夏の頃のイメージからくるものでしょう。私がたまたま立ち寄ったのは10月中旬でした。この日は生憎の曇天で、湿原を吹き渡る強風が絶え間なく草木を揺らしていました。私自身もよろめきながら、しかしこれも一期一会・・・と自分に言い聞かせての撮影でした。

撮影アドバイス

道々岩内洞爺線の駐車場から徒歩15分程で行けます。木道が整備されていて、所々に良い撮影ポイントも見つかります。このような被写体は、やはり四季を通じて観てみたいものですね。その気になれば、いつ訪ねても被写体に事欠くことはないでしょう。

                           28〜70mm・絞りF16・オート・RVP

 

 

 

トップページへ        次のページへ