55 竜宮の潮吹(山口県長門市)5月中旬

旧油谷町の向津具半島にある国の天然記念物で、海蝕洞穴から潮を吹き上げる現象のことです。生憎この日は条件が整わず潮吹は観られませんでしたが、断崖の頂にある元乃隅稲荷神社から海岸へと連なる赤い鳥居がとても印象的でした。作品はこれを生かして、現地の印象を象徴的に捉えています。写真の鳥居先端向こうの岩場で潮吹現象が起こるそうです。

撮影アドバイス

潮吹現象は、北東の風や冬の季節風などで海が荒れる時によく観られるそうなので、時期を想定して訪ねたほうが良いかも知れません。また、ここの稲荷神社の赤い鳥居は格好の被写体となるはずです。その日の状況(天気など)や工夫次第で面白い作品ができるでしょう。

                          28〜70mm・絞りF16・オート・RVP

 

 

 

トップページへ        次のページへ