50・51 亀岡盆地・秋景(京都府亀岡市)9月中旬 作品51は次のページ

国道9号線沿いは近頃とみに賑やかになって、かつての面影は全く無くなってしまいました。ただ少し街中を外れると、昔懐かしい田園風景がまだ少なからず残っています。個人的にはとくに秋景色が好きです。黄金色に実ったの稲穂と畦道に咲く彼岸花の取り合わせはとても写欲をそそられます。また稲刈りしたあとの田圃にも趣があるものです。作品50は、彼岸花を河の流れに見立てて画面構成してみました。奥の木立は画面を引き締めるために計算して配置しています。作品51は、秋によく発生する朝霧の中で刈田を捉えてみました。

撮影アドバイス

この時期の亀岡では、田圃のあるところなら至る所に彼岸花が咲いています。特定の場所がカメラマンに人気があるようですが、車で移動できるならあまりその場所に拘らないほうがよいと思います。私の作品もそうして捉えた一枚です(よく目立つ場所なのにカメラマンは一人もいなかった)。またこの地方は10月頃から朝霧(翌日の天気予報が快晴である時に発生しやすい)がよく発生することで知られています。霧の中で見えてくる被写体はとても魅力的なので積極的に狙って見ましょう。

                         28〜70mm・絞りF22・オート・RVP

                     

 

 

トップページへ        次のページへ