4 蕗の台駅・廃線跡(北海道)6月上旬

朱鞠内湖の西側、今は廃線となった深名線に「蕗の台駅」はありました。かつては100戸程の家があり、小学校や日通の営業所などもあったそうです。記憶は定かではありませんが、付近に案内のようなものがあったので、それにつられて何となく立ち寄ったように思います。小さな小屋(駅舎?)があり、錆びた線路の脇にはルピナスの花が咲いていました。

撮影アドバイス

旅の楽しさの一つは、予期せぬ出会いです。私にとって、それは人より風景です。そこで、取材の目的が決まっていても、時には気ままな浮気をしてみます。失望する時もありますが、その過程がワクワクしてとても楽しい。本当は、当て所なく旅することが理想的ですね。事前に情報を仕入れ、すべて計画済みの旅は頂けません。

 

 

    

 トップページへ        次のページへ