38 草津白根山・湯釜(群馬県草津)6月下旬

直径300mの火口にできた水溜まりを見に行くために、次から次へと人が登っていく・・・私もその一人です。人が居なければ原始の地球か、どこかの星の風景を見ているような感じです。工作粘土を水で溶かして青い絵具を少し混ぜたような水面の色。次々に上空を通り過ぎる雲が影を落とし、壮大なる異空間を演出していました。

撮影アドバイス

撮影時はトップライト(見た目は順光)で、被写体にメリハリがでないライティングでした。雲影を利用してメリハリをつけようかとも思いましたが、最終的に雲影一つない無味乾燥な空間表現のほうが良いと判断しました。平凡に感じても、その時にしか撮れない光景(厳密に言えば全てがそうです)があります。これが最後、二度と訪れることはない・・・そんな気持ちで撮影したいものです。

                           28〜70mm・絞りF16・オート・RVP

 

 

 

トップページへ        次のページへ