33・34 初夏の清流(奈良県下北山村)5月上旬  作品34は次のページです。

山岳信仰で知られる大峰山・釈迦ヶ岳周辺の水を集めて流れるのが前鬼川です。中流域には名瀑・不動七重の滝がかかっています。古くから信仰の山として守られてきたため、上流域には本来の自然環境が残っています。それ故でしょう、渓流の水は目を見張るほど美しいものでした。作品は不動七重の滝の上流域二地点で撮影しました。水そのものの清冽さを捉えようとしています。

撮影アドバイス

前鬼川を訪れると、まずは不動七重の滝を目にすることになります。規模の大きさ、水量の多さ、水の美しさ、周囲のロケーションと、どれをとっても超一級の名瀑なので良い被写体となってくれることでしょう。渓流の撮影ポイントは数箇所ありますが、敢えて申し上げません。自分の目で確かめて感動した所で撮影して下さい。水の透明感を描写するには適度のシャッタースピードが必要です。絞り効果も考慮しつつ、低速シャッターになり過ぎないように注意しましょう。

                                       作品33 28〜70mm・絞りF8・オート・RVP  

 

 

 

トップページへ        次のページへ