31 能登・恋路ヶ浜(石川県内浦町)10月上旬 

釣鐘や銅像、遊歩道などを整備してもらわなくても、「この地には悲恋物語が伝えられている」と言うだけのほうがイメージは膨らむのですが。それはともかく、私には「沖に浮かぶ小島(弁天島)と鳥居」のほうが印象に残りました。写真的には、早朝に通りかかったことが幸いしたと思います。日中なら見過ごしていたかも知れません。

撮影アドバイス

風景(自然の姿)を借りて自分の理想を表現する、というと大袈裟でしょうか。しかしそれが全く無いと写真は面白くありません。自分の心のフィルター(理想)があってこそ個性というものも生まれてくるのです。ただし、心のフィルターは先入観であってはいけない・・・無限にあるイメージの世界から自由自在に感じ取ることが大切です。

                       70〜200mm・絞りF8・オート・RVP

 

 

 

トップページへ        次のページへ