3 生花苗沼(北海道大樹町)6月上旬

読みは「オイカマナイトウ」です。十勝海岸湖沼群の一つで、周囲12kmの海跡湖です。群生する新緑のヨシ原を撮影していると突然、海霧(この時期は海霧が発生しやすい)が流れ込んできました。北海道の原風景をイメージして捉えた感動の一枚です。湖畔に建物があり、湖上には水上バイク・・・これ以上俗化(開発)しないことを祈りました。

撮影アドバイス

すばらしい素材(被写体)に出会った時、フレーミング(狙い・視点)が欲張りがちになります。しかしそういう時こそ、狙いをしっかりと定めなければなりません。現地に行かないと判らないかもしれませんが、この作品の場合も、眼前に広がるヨシ原のごく一部を捉えています。もしこの写真の左側が絵になるなら、それは別のカットとして作品にします。

 

 

 

トップページへ         次のページへ