29 牧草ロール(北海道幌加内町)

道内の至る所で見かける牧草ロール。冬場の保存飼料(サイロ保存の代替)として年に三度の刈取りがあるそうです。包装ビニールシートの色は、発酵温度を調節するために使い分けられているとか。広大な草原に転がるカラフルなロールは被写体としても魅力的です。作品は陽が西に傾いた頃、車窓からロールの並び具合を観察し、ここだ!と思った地点で捉えたものです。

撮影アドバイス

写真家はレンズの目を通した造形感覚を磨かなければなりません。写真における造形感覚とは、無限に広がる風景の一部に視点を絞り、瞬時にして画面構成(フレームする)を行う感性のことです。車窓(走行中)からであっても、風景が発するメッセージを見逃さないように受信体制を整えておくべきです。

                    70〜200mm・絞りF16・オート・RVP・10月中旬

 

 

 

トップページへ        次のページへ