17 原尻の滝(大分県緒方町)4月下旬

俗に「大分のナイアガラ」と呼ばれるこの滝は、私達がイメージする一般的な滝とは趣を異にします。山間の渓谷にあるのではなく、辺りは田園風景が広がっていて深奥の暗いイメージは全くありません。またその姿も、ある地点で河川が急に陥没したような形状をしています。すぐ横には道の駅が設けられており憩いの場となっています。写真は、落口から捉えた一枚です。         

撮影アドバイス

滝の撮影は全容に拘ることはありません。まず可能な限りいろいろな角度から眺めてみて、「これは絵になる」と思えば感性の赴くままに切り取ってゆけばよいのです。勿論、奇を衒う必要はなく、正面から全容を撮るのが王道であることは言うまでもありません。作品の場合は、季節の素材(花)を意識して捉えています。

 

 

 

トップページへ        次のページへ