プレパレの日記                                                                                             

  home   

     

 

 

 

2018年

 

 

 

 1  / 7
 2 /12
 3 /21
 4 /29
 6  / 3
 7 /  8
 8 /18
 9 /19

 

 

 

 

 

 

 

2017年

2016

2015

2014

2013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

    

 

 

筋力のある体つくりを

2018321

 

トゥシューズを履いて踊ることはバレエをしている皆にとって

憧れであり夢であり目標でもありますね

でもそのためには強い体がいるんです

特に感じるのは現代病?というべきか今の子供たちは筋力がない・弱いこと

いつもレッスンで話しているんですけど昭和の生活のスタイルが全く違うので

力を使わずに過ごせてしまう

子どもに限ったことではないのですが(~_~;)

歩き方も地面を踏まずに引きずっている(レッスンの合間も多い!)

結局は体を痛めやすい状態にしてしまうこともあるのです

これはスポーツのような激しい運動をするということではなく

普段の生活で行える程度の体の動きの話です

姿勢正してしっかり歩く…とか大人も気を付けたいことですね

靴も足の指を使って地面を蹴って歩けるものにして…

他にも食べ物をしっかり噛む…お口が開きっぱなしの子供も

口を閉じるという筋力のないことも原因の一つ

その場合は体も筋力ないことが多い気がします

筋肉をしっかり動かして血流を良くする

呼吸をしっかりできることも大事です

バレエのレッスンはもちろん生活の中でもしっかりとした体を作ることを意識してほしいです

 

 

 

 

 

 

基礎力アップ

2018212

 

発表会の配役が発表されたので

それぞれに役に対して思いを募らせつつレッスンしているようです

生徒の平均年齢も上がったこともあり

今回は演目のイメージをつかんでほしいと

DVDをスタジオに用意

レッスンの合間や終わりなどで見せています

もちろんそのままの演出・振付ではありません

あくまでもモチベーション&イメージングが目的です…

音楽や動きのイメージは体で感じて体で表現してほしいの思うのです

小手先ではなく自分の心から発信する踊りができるようになってほしいし

クラシックバレエの基礎となるポジション~パとパの動きの中での

ポジションの通過が大切

それができるとピルエットだって

無理やりで賭けでやるようなものではない

自分でしっかり消化しきった確実なピルエットができるから

そのために基礎力を高められるように

ていねいにレッスンしていきたいですね

 

 

 

バランスの良さ

201863

 

前回のブログの続きになるかもしれないのですが…

自分を知ることはいつもバランスよく立つことができる

ということは動きもコントロールしやすいことにつながるはず…

バランスのいい体の使い方をできていれば

動くとき踊るときに気持ちや表現を加える余裕ができるし

「がんばって踊る」が100%ではなく「楽しんで踊る」が何%か加わると思うのです

ではバランスのとれる体にするには?

そうそう、自分がどういうところが足りなくてどういうことが良いところの邪魔をしていて

どのように対処していったらいいのでしょう

右の足に頼ってしまうとか右手と左手を同じようにしなやかに動かせないとか…

生き物だから内臓は左右非対称だし人間だから筋肉量に左右差があるのだから

生活スタイルも考えるとバランスよく使うには

やはり自分を感じられるようにならないといけないですよね

とくに小学5年生くらいからはそういうことを

理解する能力も発揮できるようになると思うので

自分なりに考えてレッスンをするようにしてほしいと思います

自分を知ることと自分のバランス力(りょく)は

イコールでつながっているんです

 

 

 

 

 

 

 

自分を知ろう

2018429

 

レッスンの時どんなことに注意しているでしょうか?

音に合わせる、アンシェヌマン 足の動き 手の動き…

いろいろあるけれど自分にとって今必要なことを

理解していないといけないと思うのです

ということは自分の良くないクセ…たとえばアラセゴンド腕が下がる(それも左)

4番ドゥミプリエで後ろのかかとが浮いちゃう

アラベスクの膝が曲がってしまう

ところがこういうクセって自分では気がつけない

でも「いつも注意される=直したいクセ」ということ!

自分を知るというのはそういう人から見ないとわからないところ

何が違うか自分を研究しなくてはいけません

自分で動きながら観察してよく調べることです

筋肉の動きや伸び・縮みは「痛さ」でしか感じられないけれど

「痛み」としか表現のしようがないので難しいかもしれません

いわゆる「けがの痛み」とは違うので自分の体の感覚に敏感になってほしいのです

「けが」に気づくこともできますからね

鏡に向かったら肩のズレや肋骨の出っ張りとか

動きに対してどういうラインになるかいっぱい研究してみてほしいですね

 

 

 

拍手拍手

2018919

 

終わった~~!!

みんなとってもよくがんばって踊りました

さらに舞台の楽しさを感じてくれたと思います

キャラクテールな踊りがメインでリズムの取り方

ポールドブラの使い方などむずかしいと感じながらも

いっぱいレッスンした成果を披露できてよかった!

みんなにとっていい勉強になったはずです

発表会で感じたことから

このあとどんなレッスンをすべきか

自分をどうやって高めていくか…

発表会はゴールではないから

またここからスタートです

これからみんあがどんなふうに成長していくか楽しみです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演技力つけよう

2018818

 

今年はホントに…暑い!異常気象だ~とにかく暑い!

暑すぎてレッスンに行こうと思う気持ちが負けそうです

でもみんな頑張ってレッスンしているんです

えらい!

もうすぐだからビシビシレッスンしているけれど

いつも心ではみんなのことほめているからね

あと数週間で発表会…

演技部分の仕上げに入って無体リハーサルも間もなくだし

いよいよカウントダウンです

「コッペリア」ってマイムは思ってるよりも難しい…

なんたって意外に演技が多いんだけど

みんな苦手かな!?ちょっと照れがあってぎこちない…

でもバレエでは演技力必要だから

そういうことも学んでほしくて選んだんです

しっかり役になりきってがんばりましょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踊りはたのしいね

2018年7月8日

 

発表会が9月にあるので振りつけレッスンがずーっと続いています

まだ同じ演目を繰り返して行ったことはないので

というか

できるだけたくさんの演目や踊りを経験してほしいからと

曲の編集・振付・演出をすべて新たに行っているので

振りつけては曲を再編集して…というのをひたすらやっています

さすがに頭の中がごちゃごちゃになってしまって

大パニック爆発寸前なんて日もあるんですが

曲に合わせているうちにうまく回れたり

この動きってこうするとできるんだなとか

気が付くことができたりするから

踊ることはやっぱり楽しい!!って感じられる

うまく踏めないパも踊りを通してできるようになったりするんだから

魔法みたいだなぁ…なんてみんなのレッスンを見ながら思うんです

だから発表会って大事なんです

 

 

あけましておめでとうございます

201817日 

 

2018年の幕明けです

今年は大発表会もあるしがんばるぞ~

冬季オリンピックもありますね

スタートする時の選手のまなざし

なんて素敵な

なんてキラキラしているんでしょう

発表会の本番

袖から出ていく時のみんなと同じ

2度とないこの時に

今まで蓄えた力を発揮する強い気持ちが見える

9月の発表会

今からみんながどんな演技をしてくれるのか

ものすごく楽しみです