火渡り
 
 
 
 ↑Click
 
 1998年11月15日、広島県・宮島の大聖院で行われた火渡りです。
まず護摩供養、信者が持ってきた古いお札を燃やし、
その残り火の上を歩けば、幸せになる、という行事です。
火によって、罪障が燃やし尽くされる、ぐらいの考え方でしょうか。
確かに、水虫ぐらいは治るかもしれませんね。
 
 何故に如此き写真を掲載するかといえば、
八犬伝に於いて道節が、火遁の術を使い「火定」の真似をしますが、
 考え方としては同様の儀式でしょうから。