14.5.13 2TBを超える外付けHDDの起動手順

過日、ビック有楽町店にて、Lacieの3TB外付けHDDを12600円で購入した。
しかし、HDDをデスクトップPCに接続して、表示された「LaCie Setup」が、
説明書を読んでも一向に進まない。

所詮「安かろう悪かろうだな全く」(半ギレ)
説明書を読み返す。
「セットアップが失敗した時の手順」と別冊子が入っているという事は、
過去にそういう事例が多発したという事の表れである。

とりま、それに従ってインストールをしたが、
(マイ)「コンピュータ」で表示された容量は「約2TB」。
俺は3TBの外付けHDDを買ったのに。話が違う。
内容物の入れ違いを疑った。
ビックカメラとエレコムにクレームを入れようかとも考えた。

さて、HDDの詳細を調べるには、
「スタート⇒(マイ)コンピュータ右クリック⇒管理⇒ディスクの管理」(Windows 7)
とやる。

画面下半分にディスク0〜4くらいまで表示されるので、外付けHDDのディスクを見てみると、
容量が約2TB+約1TBと(パーティションが)分かれている。
この状態のまま、先の「インストールが失敗した時の手順」をやると、
そのまま2TBだけフォーマットされて、残りの1TBは、「コンピュータの管理」の上では
「未割り当て」と表示されたまま使えない。これが元凶なのだ。

普通のHDDなら、パーティションを削除する事は可能なのだが、
この「未割り当て」の部分を右クリックしても、全て選べない状態になっている。
じゃあ、コイツは「3TBの容量はあるけど、1TB分は謎の魔界であり、正味2TBしか使えない」のか?

実際、ヤフー知恵袋にもこうした投稿が見られる。
理由やメカニズムは詳しい人のサイトに任せるが、
これの対処法だけを書いておく。

「コンピュータの管理」上で、その外付けHDDに該当する
「ディスク○」という枠の上で右クリック
「GPTディスクに変換」を選ぶ⇒ちょっと待つ
そうすると、パーティション分けがなくなる=2TB+1TBの状態から、3TBだけの状態になる。

ここまでやってから、手順書に載っている手順で「新しいシンプルボリューム」を選び、
HDDをインストールすれば、容量も約3TBと表示される。

「GPTディスクに変換する」という手順は説明書には載っていない。
こりゃ初めての人が混乱するのも当然だ。
公式を知らずに数学の問題解けって言っているのと同じ。
エレコムは手順書を改善すべきだ。
強いて言えば、販売店も「2TB以上の外付けHDDのフォーマットは少々面倒ですよ」的なPOPを
出しておかないと、お店にもクレームが行ってしまうのではないだろうか。