管理人用 各種防備録

私が出くわした、パソコントラブルの対処法をメモ書き程度にまとめておく。
いちいちググるのも面倒なので。
*私はSEでもPC専門家でもないので、
 全てのパソコンでこの対処法が通用するとは限りません。
 また、コマンドプロンプトを用いた対処もあるので、
 やるなら自己責任でお願いします。

1:Winrarで「アクセスが拒否されました」と出て解凍できない
\Access Denied/
アクセス権の設定がおかしくなっている事が原因。
プロパティからアクセス権を設定変更すると良い。

2:iTunesで楽曲の「プロパティ(現:曲の情報)」が変えられない事がある
新手のコピープロテクトなのかと思いきや、
mp3ファイルそのものを右クリックして、「読み取り専用」を解除するだけ。

3:Win7で「この項目は見つかりませんでした」と出て削除できない
Win7にはフォルダや画像の名前に変な空白が入ると、
「この項目は見つかりませんでした」とエラーが出て、
削除できない不具合があるようだ。

これの対処法は
・コマンドプロンプトで「rd /s (消したいファイル・フォルダをD&D)」→yと入力。
・Unlocker等のフリーソフトで強制削除
→それでもダメなら、http://advpro.co.jp/Develop/?p=262の手順を参照し、
コマンドプロンプトからフォルダ名を変更して削除できるようにしてやるしかない。

4:コマンドプロンプトを出すのが面倒
「Windowsロゴキー+R」(ファイル名を指定して実行)→cmdで呼び出せる
若しくは、スタートメニューの検索メニューにcmdと打ち込んでEnterを押す。

5:外付HDDが認識しない・繋ぐと「フォーマットしてください」と出る
コレは色々な原因が考えられる。
【その1:USBケーブルの内部断線&端子接触不良】
USBケーブルを買い換えて解決。

【その2:そもそも電源入ってない(笑)】
コンセントから給電するタイプの外付HDDは、
コンセントに挿すだけで電源が入るものもあれば、
コンセントに挿す+本体のスイッチを押さないと動かない奴もいる。

【その3:USBハブを使わない】
USBハブに外付HDDを繋ぐと反応しない事が割と多い。(電力サージのエラーも出ない)
モノによっては問題なく使える奴もいるが。
そういう時は、PC本体に繋ぐのが賢明だろう。

【その4:外付HDDのプログラム面の破損】
衝撃を与えたり、変な抜き差しを繰り返したりすると、
外付HDDとPCをUSB接続する際に
必要な情報(パーティション構造とかMBRとか)がおかしくなってしまう事があるようだ。
Windows Updateかけただけで発生する事も稀にあるようだ。
内蔵HDDよりも構造が複雑なのでちょっとした事でおかしくなってしまうのは致し方ない。

コマンドプロンプトから「CHKDSK ドライブ文字(C:とか) /f」を発動するとか、
TestDiskとかでパーティション構造やMBRの情報を
復元するという手段で大体どうにかなるのだが…。

コマンドプロンプトで「ダイレクトボリュームのため、アクセスできません」と表示されて
CHKDSKが出来ないなら割と重症なので、ファイナルデータ等で復元を試みた後、
・コマンドプロンプト→DISKPART→LIST DISKで存在してるかどうか確認する
(オフラインって表示されてたら、オンラインに直せばいいだけだし)
・デバイスマネージャで存在が認識されているかどうか確認する
・ディスクの管理でパーティション構造がおかしくなってないか確認する

ディスクの管理を開いた際、
「初期化されていません」と表示→パーティション構造を見ると「不明 初期化されていません」と表示
ファイナルデータの「高度な復元」でもnot readyと表示されてアクセスできない
と、にっちもさっちも行かない状況であれば、
外付HDDを精密ドライバー(マイナス)で分解し、
基盤を外して別の外付HDDケースに換装すると大体直る。
(玄人志向の安い奴でも1000円くらいかかるけど)
これでもダメなら、HDDが物理破損で死んでいる可能性が濃厚でお手上げである。

6:Win10が起動しない
前職の職場で貸与された、Lenovo M50っていうラップトップPC。
6万円ちょい(ヨドバシの場合)で本体はまあまあなスペックなのだが、
導入2ヶ月足らずで3回もOSのリカバリーを行う程、OSが不安定だった。
(お蔭で残業がヤバい事になった)

この手のPCは基本的にインストールディスクが付属しない。
つまり、起動→一瞬だけ青画面→再起動を繰り返すような
致命的状態になると、CDから起動が出来ない。

Win10の場合、ちょっと面倒だが
「メディアクリエーションツール」って奴を使うと、
USBやDVD-RにOSのデータを書き込む事が出来る。*およそ5GB必要。
(つまり、USBやCDをOSのインストールメディアにするって事)
そこからスタートアップ修復などを試みると何とかなる事が多い。

Win10はスペランカーの如く死にやすいダメOSなようなので、
購入時点で予備のインストールメディアも用意しておくべきだろう。

他のOSでもWindowが起動しなくなった場合は、
http://freesoft.tvbok.com/tips/pc/windows-cmd.htmlを見ると何とかなるかもしれない。

7:Win10が重い
基本的にWin10は全体的に緩慢なのだが、
iOSで言う所の「Siri」に相当する「Cortana」ってのが
悪さをしている可能性がある。設定でこいつを黙らせるとちょっと軽くなる。
\お前を消す方法/

他にも色々と悪さをしているのが多数蔓延っているので、
「Win10 重い」でググってみるべし。

8:SSWシリーズでキーボードが表示されない
SSW7・8でよく見られる現象。
SSW9以降(現:ABILITY)に変わってから見かけなくなったのだが。

アプリ内でキーボードを呼び出しても画面に表示されなくなる事がある。
これはアプリそのものが欠損していると推測されるので、
再インストールするとほぼ直る。

まあ、MIDIキーボード使ってるから影響はないんだけど。

9:古いガラケーユーザーが意地でもLINEをPCにインストールせなアカン場合
前職は業務連絡も上司の嫌味もパワハラも全部LINEで朝3時頃に飛んできたので、
どうしてもLINEを使わなければならなかった。

LINEをPCで使えるようにするには、
PC版LINEをインストール後、「スマホ版LINEでの認証」が必須。
しかし、私は未だに2011年モデルのsoftbankガラケーを愛用。
iPadも一時期使っていたが、Apple Store銀座・有楽町店と
softbank有楽町店の対応の悪さに不信感を覚えたので動もせず解約してしまった。

トーク履歴が消えるのが難点だが、「Bluestacks 2」という
アンドロイドスマホのエミュレータに、アプリ版LINEをインストールすると可能。

それなりにマシンパワーを要求されるので、
動作が非常に重かったり、使用中に画面が真っ暗になったりする
(これはBluestacksを再起動するしかない)のが難点だが我慢するしかない。

ガラケー勢でLINEコイン(現:LINEポイント)を稼いだり、
スタンプを導入したりするのも現状この方法しかない。

10:Win7でuBMPlayが落ちる
BMS制作上致命的な問題なのだが、
Win7以降?のPCでは、uBMPlayをbmseから呼び出すとエラーで落ちてしまう。
詳細はhttp://blog.livedoor.jp/g_gotaka/archives/28292859.htmlを参照されたし。

面倒だったら、プレビューするアプリをLunatic Rave 2に変えればいいのだが。

11:DAWが起動しない
理由はよく分からんが、ユーザーアカウント設定やら
ウイルス対策ソフトとの競合などでちゃんと起動しない事があるようだ。
「管理者として実行」で起動すると上手く行く事が多い。
他にも、導入したVSTプラグインが悪さをしていることもあるので、
VSTをアンインストールする事も考えるべし。

12:Firefoxが突然真っ黒になる
Ver.47あたりから、画面がブラックアウトする事が頻発するようになった。「ヒデオ」って感じに。
こうなるとFirefoxを再起動して、履歴からウインドウの復元をするしかないのだが、
調べてみると、ツール→オプション→詳細
→「ハードウェアアクセラレーション機能を使う」のチェックを外すと発生しなくなった。
Firefox Quantumになって以降は発生していないが。

13:有線接続が繋がらない
昨今のDLC等は基本的に重い。ゼノブレイドXの高速化パッチなんて20GBオーバーだったし。
無線LANでも行けない事はないのだが、通信の安定性を考えると有線接続の方が良かろう。
以上のように考えて、Wii Uに有線アダプターを導入。
早速、バッファローの無線ルーターの背面とWiiUを接続。しかし、Wii U側に反応なし。

配線に間違いはないのだが…と思ったのでケーブルの断線を疑ったのだが、
あろう事か、LANケーブルではなくモジュラーケーブル
(簡単に言えば「電話線」)を使っていた 事が原因だった。

このモジュラーケーブルって奴は、
壁→モデムor電話・FAXor複合機を繋ぐ際に用いるもので、
モデム→ルーター→PC・ゲーム機には使えないらしいのだ。
見た目がソックリなので、まあ間違いやすいわけだ。

14:3つ以上の同時押しが反応せず、高難度BMS等がプレー不能
これは「nキーロールオーバー」という仕様なのでどうにもならない。
ゲーミング向けのキーボードを別途買うしかない。

黎明期のBMSでは、猫又譜面のように「微ズレ」を多用する事で
多数同時押しを避けているものもある。

15:BMSで連皿が出てくると、何かウインドウが出てきてプレーできない
16:BMSをプレーしてたら、いきなりキーが反応しなくなり、エクスプローラーや検索画面が出てくる
shiftキーを5連打やWindowsキー2連打で発動する、
「固定キー機能」ってのが元凶。
shift5連打やコントロールパネルからウインドウ開いて、無効化すべし。

17:ゲーム中にWindowsキーを誤射してオワタになる
プレー中にスタートメニューが出てきてHardゲージ即死なんて笑えない。
そうも簡単に無効化できないようなので「Windowsキー 無効」で検索するとよい。
*コレを適用するとコマンドプロンプト等のショートカットが使えなくなるので注意。

18:Google ReCapchaの認証が頻繁に失敗して進めない・挙動が極端に重い
Cookieを削除すると大体直るっぽい。

Cookieってのは、某1UPのCMみたいに「いつもの」って言えばお望みのメニューを出してくれるように、
ブラウザが記憶する、ユーザーの好みやログイン情報などのデータの事。
Youtubeにログインしない状態で「おすすめ」って出てくるのも、閲覧履歴を参考にしているからである。

19:強制終了したエクスプローラーが再起動しない
神風エク…何でもない。
ctrl+Alt+Del→タスクマネージャー→ファイル→新しいタスクの実行→explorerとやればいいだけ。
ダメならPC再起動。

20:Youtubeでウザい・不適切な動画やチャンネルを表示させない
メインの動画サイトを炎上&オワコン状態のカドワンゴもといニコニコから
Youtubeに移行して久しいのだが、
所謂「ユーチューバー」を自称する愚か者達の不快な動画が度々表示されて辟易している。
また、ゲーム関係の動画も発売日当日にサムネでネタバレされる事もしばしば。
ま、ネタバレはいかんでしょうね
そういうネタバレを避けたい場合は、当面の間インターネットを見ない・自他共にスマホを見ない事しか対処法は無い。


Firefoxの場合だが、「VideoBlocker」というアドインを使うことで、
Youtube上の動画を右クリックすると、
「このチャンネルをブロックする」という選択肢が追加されるので、
嫌な連中は容赦なくブロックすれば二度と目にしなくなるだろう。
*チャンネル名を定期的に微妙に変えて対策している輩も居るので、決して万能ではないが。

21:xrecord IIが起動直後に応答なしになって使えない
調べてみると、起動時にアップデートの有無を確認しているらしいのだが、
その際の通信が失敗する為に真っ白になってしまうようだ。そこで燃え尽きるな。

起動直後、応答なしになるまでに少し操作できるようなら、
オプション→プログラムの設定→インターネット
→プログラムの起動時にアップデートを確認する を外す。

即応答なしでどうにもならん場合は、
Roamingフォルダとか(ポータブル版ならアプリのフォルダ)のxrecode ii.iniを開いて、
「prog.Check4UpdateOnStartup=False」に書き換える。

それでもダメならファイアーウォールからxrecode IIのアプデ確認を遮断するという最終手段を使う。
(参考:http://jisaku.no-mania.com/software/xrecode2_stop_avoid

22:Win7でファイルのアイコンを変えたい
Win7に限って、レジストリを弄らないとダメらしい。
レジストリは安易に弄るものではないので、
ホントにどーしてもと言う場合のみフリーソフトに頼っちゃいましょう。

23:グラボなしで3画面使いたい
通常のPCなら、HDMIとかD-Subケーブルで繋げば2画面まで表示可能。
普通の事務作業なら2画面で大体事足りるのだが、やっぱり3画面あると色々捗る。

しかし、1つのパソコンで3画面以上を同時に表示する場合は、
PC本体に「グラフィックボード」を挿さなければならない。
グラボはエヌビディアのハイエンドな奴なら10万円近くするし、安くても1万円以上はする。
それにPCの中を弄る為、それなりの知識とスキルも必要だ。

ゲームとかグラフィック・動画関係等、画質やFPSを追求する必要がなければ、
I.O.データとかが出している「アダプター」を使うと、
グラボ無しでも3画面表示できるようになる。
ただ、こいつも6000円位するので安くはないけどね…。

我が家の場合、
(左)中古のディスプレー (真ん中)PC付属のディスプレー (右)テレビ(アダプター使用)
という配線で3画面にしている。

24:3画面にしたけど、それぞれの画面に別個に壁紙設定したい
「MaltiWallPaper」等のフリーソフトを使うと何とかなる。

一方、パノラマ写真のように、1枚の横長画像を3画面に渡って表示したい場合は、
「リサイズ超簡単」とかで無理矢理引き伸ばすか、
少ないものの、3画面用のフリー壁紙を探すと良い。

25:Twitterの「夜間モード」の色
PC版Twitterでは、画面右上の丸型アイコンをクリックすると、幾つかメニューが出てくる。
その最下段に「夜間モード」という選択肢があるのだが、これをクリックすると、
画面が黒基調になり、眩しさが大幅に軽減される。某ミュゼカみたい(笑)
こいつの色は「#141d26」。

Firefoxにも同様の機能を有したアドインがあるが、背景を黒ベースにするだけなので、
表などが白いままになるのは致し方ない。

ちなみに、気になる色の16進コードを調べたい場合は、
「あの色は…」というフリーソフトを使うと便利。

26:Twitterの丸型アイコンの作り方(一例)
Twitter公式では正方形の画像を円形に切り取る方式にされているが、
これが思う様に行かないものである。

アドビのイラストレーターを使うのが最もキレイに仕上がる方法だが、
生憎そんな高尚なモノは持っていない&使いこなせないので、
PowerPointのスマートアートで円を描画し、縁を消して、
画像挿入で塗りつぶし、納得したら「画像として保存」にすれば
簡単に円形の写真が作れる。

…応用すれば星型とか雲形の画像も出来るっちゃ出来る。

27:_DS.store、Thumbs.dbがウザい
ACID等の音声ファイルをプレビューできるDAWで、
誤ってこいつらを選択すると、アプリが止まったり(落ちる事も)、
「使用中です」と表示されてフォルダ移動や削除が出来なくなったりする。

_DS.storeはMac環境でしか使わないものだし、Thumbs.dbもフォルダ内の画像を素早く表示する目的のもの。
簡単に言えば雑草のようなものだ。
いちいちdeleteするのも面倒なので、furui(篩)等のフリーソフトを使えば、こいつらだけを除去できる。
(心配な場合はバックアップを取っておくべし)

また、Thumbs.dbについては、パフォーマンスオプションの視覚効果で
「アイコンの代わりに縮小版を表示する」のチェックを外す事で
生成自体されなくなる。

28:iPodの楽曲入れ替えができなくなった
2008年にアメリカで購入したiPodシャッフルを未だ使っているが、
楽曲を追加・削除しようとすると「必要なファイルが見つかりません」と表示されて、
iPodの接続が解除され、自動再生のダイアログが生えてくるという現象を繰り返すようになった。

フォーマットしようにも出来ないわけで、
いよいよウォークマンに乗り換えか?と思ったのだが、
未使用の30ピンケーブルでパソコンに繋ぎ直した所、元通り使えるようになった。
どうやら「ケーブルの断線or接触不良」が原因だったようだ。
(Apple規格のケーブルは割と断線しやすいと聞くし…)

ケーブルに問題が無いのにこういう症状が出たとしたら、
フォーマットしないとダメだと思われる。

29:データ移動時に「送り側のファイルまたはディスクから読み取れません」と言われる
「マイコンピュータ→問題が起きているドライブを右クリック→プロパティ→ツール→スキャンする」
と辿って、とりあえずスキャン&修復させてみる。
1TBのHDDで半日弱ほど要したので気長に待つしかない。

30:中国語とかロシア語とか、英語以外で書かれた文書が文字化けする
Wordから開くと文字化けは大体解消される。内容はGoogle翻訳だ。

31:ちゃんとインストールしたのにMassiveが起動しない
環境次第で発生する問題のようだが、
Massive couldn't find resource. Please reinstall the application.と
表示されて起動しない場合は、
C:\Program Files (x86)\Common Files\Native Instruments\Massiveという
フォルダが、何らかの原因でアクセス拒否になってしまった事が原因と思われる。
特に、このフォルダ内のtables.datが一番重要なようだが、
こいつがアクセス拒否になっていると、
「なんだオメー?入れない!」と身内から門前払いを食らっているようなものだ(ネタが古い)。

このフォルダを右クリック→読み取り専用 を解除。
それでもアクセスが拒否される場合は、
アクセス権を設定し直す事で対処してみるべし。
(アクセス権の設定手順は検索すると沢山出てくる)

32:いきなりIMEパッドが表示されなくなり、日本語が入力できなくなった
スタートメニューから「ctfmon.exe」を検索して起動するとか、
再起動するとかで対処できるようだ。