「TukunEditor」
DirectX と WinAPIの練習として組んだ、パタパタアニメーション作成ツール



最終変更日 : 2016/4/20
現Ver 0.64

◆本体 (zip形式)
<Download>

◆ウディタ用コモン - ver0.31 (zip形式)
<Download>


◇必要なもの
 WindowXP
 DirectX9

◇売り文句とかある?
 1.キーフレームっぽい画面もあるよ
 2.RPGツクール(2000,XP,VX,VXAce)にも対応したっぽいぞ!ただし、めんどくさい。
 3.結合PNG や GIFアニメーション出力に対応!これはでかい
 4.「NanimEditor」よりは融通が利く
 5.自由変形は無理。
 6.WOLFRPG用コモンイベントの使い方は「NanimEditor」とほぼ同じです。
   サンプルゲームもそっちの使い回しでOKというわけだ!


◇履歴
 2013/5/5 (0.10) : とりあえずポイ
 2013/5/9~6/3 (0.11~0.14) : ちょい修正しただけ
 2013/6/26(0.20) : サンプルを追加しようとしたら これ、バグだらけやん。というわけで修正
 2013/7/13(0.25) : 痒い所を修正。RPGツクールXP,VX,VXAceに対応。
 2013/9/30(0.60) : VXAceへの移送する際、角度が0になる問題を修正
 2014/1/4(0.62) : 画像の読み込み速度を向上
 2014/2/2(0.63) : 画像出力に関わる処理を書き換えてみる。
 2016/4/20(0.64) : マニュアルに一文加えただけ。ひでぇ。

◇付属履歴
 2017/9/30 : ウディタ用コモンのバグ取り。map関連。

トップページへ