日単〜禅寺で綴る日々の出来事〜

TOP
お知らせ
永代供養
光寿(寺報)
光寿32号〜
和尚さんの独語
平成25年の独語
過去の独
松山禅寺の歴史
フォト

日単

2月


2月17日(土)10:40

暦の上では立春を過ぎ、昨日は春一番が吹きました。

しばらくは強風に悩まされそうです。

旧暦の立春は3月20日頃。

やはり、暑さ寒さも彼岸までといったところでしょう。

先日、本山での定期布教研究会を終え、たくさんの法材を頂きました。

しかし、かえって迷いが出てしまって…。。。

明治維新150年の今年は、明治の大禅匠 三生軒老師のお話でしょう(*^_^*)

随処に主と作る生き様。

そこからどう体験談に結び付けていくかが難しところです。。。


2月2日(金)9:30

1月戌もとい、往ぬ。

2月逃げる。

3月去る。

今月は28日しかないので、わずか2、3日の差でも、とても短く感じます。

例年でしたらわりとヒマな月ですが、近頃は何かと忙しくなってきました。

15日は涅槃会、お釈迦さまのご命日とされている大切な1日です。

旧暦では3月31日が旧涅槃会となっております。

2月15日〜3月31日まで、本堂において涅槃図を一般公開いたしますので、どうぞお参りください。


1月


1月19日(金)15:40

ニュースでは世界的な異常気象を報道しています。

オーストラリアが45℃という熱波かと思えば、ロシアでは-65℃という寒波で、その差は110℃!

日本にも水曜日あたりから二度目の寒波が訪れそうです。。。

出初式(1月7日)頃からこじらせた風邪もようやく自力で治りかけています。

和尚さんの風邪はいつも喉からくるので、寝る時には口にガムテープを貼っています。

起きる時には半分はがれてますが…、効果は絶大です(^O^)

鼻呼吸を強制的に行うことで喉の乾燥を防ぎます。

鼻が詰まっている時は苦しいので止めましょう!

それから、畳の隙間からの冷気は畳の下に新聞紙を敷いて対処するようにしました。

家具を動かすのが大変ですが、背に腹は代えられません。。。

ああ、春が待ち遠しい(*^_^*)


1月13日(土)9:10

ここ数日の寒波はこたえました!

うちの辺りは毎年、一回か二回は雪が積もります。

お寺は昔の造り(築百年以上)なので、すきま風はもちろんのこと、畳の間から冷気が上がってきます。

冬の光熱費はバカになりません。

霜焼けともお友達になります(*^_^*)

先日、新年の挨拶回りをした時も市内とは5℃も違いました。。。

寒いのが苦手な和尚さんは、北海道や東北、北陸などには住めません(T_T)

厳寒の砌、皆さまどうぞご自愛下さい!


1月1日(月)14:30

新年明けましておめでとうございます!

戊戌年の幕開けです。

毎年、年末年始を慌しく過ごし、正月のゆったりとした気分を味わえないのはお寺ゆえでしょうか…。。。

初詣でと初正月のお祝いを済まし、年賀状を拝見。

出しそびれた方々の分をあわてて印刷し、宛名書き。

これから出しに行きまする。

250枚の年賀状を買いましたが、まだ30枚ほど余ってます。

なぜかというと、今年は法事の件数が全体的に少なかったからです。(一件しかない年忌の年が二つもある!)

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十五回忌、三十三回忌、四十九回忌、六十一回忌、百回忌、百五十回忌。

上記の内、一周忌と百回忌、百五十回忌の檀家さんには出しません。

その内、二十五回忌と六十一回忌の方が一件ずつなので、少ないわけです。

少ないうえに法事をしない檀家さんも一割程ありますから、おかげさまの心で法事はちゃんと務めましょう!

無相大師遺誡「汝等請う其の本を務めよ」

花園法皇御宸翰「報恩謝徳の思い、興隆仏法の志、寤寐にも忘るることなし」

何はともあれ、今年の仕事始め!?は、4日の大般若祈祷会からです。

もちろん、朝のお勤めや境内掃除は1日からですが。

本年も何卒宜しくお願い申し上げます!