高    山    城( 土  岐 )   

【曲 輪】
別   名
所 在 地岐阜県土岐市土岐津町高山
築城年月不明
築 城 者不明
主要城主高山伊賀守光俊、平井宮内少輔光行
城郭様式山城
遺   構曲輪

高山城は標高183m(麓からの高低差57m)の細長い丘陵の頂上付近に築かれた城です

遠山18子城のひとつです

3つの曲輪によって構成されていた

こぼれ話
天正2年(1574年)光行の子平井頼母光村が城主のとき、甲斐の武田勝頼の東濃攻めによって攻略された
その後慶長5年(1600年)関が原の戦いの時東軍妻木勢によって攻められ落城した
考察・感想
現在城址には水道貯水池が作られており、遺構が残されていないのが残念
ここはなかなか見つけれなくこの付近を何回も行ったり来たりしてやっと見つけることができた
駐車場
なし(山道であり十分な空地あり)
目標物
高山霊園
アクセス
国道19号を多治見から恵那方面に進み土岐市内で「泉仲森町」の交差点を右折します
JR中央本線の下をくぐり、そのまま土岐川も渡り、武並土岐多治見線も横切ります
そこからは何も目印がありません。左の方の山をめざして進んでください
ホーム   バック