宇 喜 多 秀 家 関 が 原 陣 跡 

【陣 碑】
別   名
所 在 地岐阜県不破郡関が原町
築城年月慶長5年(1600年)
築 城 者宇喜多秀家
主要城主宇喜多氏
城郭様式
遺   構

西軍の副大将、宇喜多秀家の陣跡です

南天満山の天満神社の左横付近に1万七千の兵を配し、中山道をおさえました

午前8時頃東軍福島隊と西軍宇喜多隊の戦いにより始まり、宇喜多秀家の前衛明石全登の隊との激突となりました

秀家は敗走中池田郡白樫村の矢野五右衛門に助けられ。その後八丈島に流された

考察・感想
無名時代の宮本武蔵や壇団右衛門が奮戦したのがこのあたりといわれています
駐車場
路上駐車
目標物  宇喜多秀家関が原陣跡
天満山
陣碑です

ホーム   バック