多    良    城    

【埋 門】
別   名西高木家陣屋・多良城
所 在 地岐阜県大垣市上石津町宮
築城年月慶長6年(1601年)
築 城 者高木貞利
主要城主高木氏
城郭様式平城
遺   構長屋門・井戸・石垣・墓石群

高木家は清和源氏頼親を祖とし大和の高木村に住み氏とした

その後伊勢国に移り室町時代の中頃には美濃国石津郡駒野に住み斉藤道三や織田信長に従い駒野、今尾を与えられた

信長亡き後織田信雄に従い秀吉により信雄が秋田に遠流されると甲州加藤光泰の許へ寓居した

慶長5年関が原の戦いの軍功により多良郷の内貞利(西家)2千3百石、貞友(東家)千石、貞俊(北家)千石を拝領し入部した

この3家は交代寄合美濃衆といい大名格で美濃の水行奉行の役目を代々世襲した

考察・感想
石垣が目に付きます。特に埋門がいい
井戸あり墓石群あり なかなか見ごたえあります
駐車場
郷土歴史資料館の無料駐車場を借用
目標物
郷土歴史資料館
陣屋表門です 井戸です

碑です 墓石群です

ホーム   バック