毛  利  秀  元  陣  跡  

【城址碑】
別   名
所 在 地岐阜県不破郡垂井町
築城年月慶長5年(1600年)
築 城 者毛利秀元
主要城主毛利氏
城郭様式陣城
遺   構城址碑・掘切

毛利秀元陣は関が原の戦いで南宮山の東方404mの峰に築かれた陣城である

毛利秀元は輝元の名代でここに陣を構えたが、東軍に内通した吉川広家の押し止められ戦いに参戦できなかった

その際進展に苦慮した秀元が麾下に兵糧を使い真似をさせたはなしは「宰相殿のから弁当」として知られている

考察・感想
この陣跡に立つと不思議な事に大垣方面は見渡せるが、関が原方面は見えない
これは何を意味するのか
駐車場
南宮大社の無料駐車場を借用
目標物
南宮大社
堀切です 土橋です

ホーム   バック