美    江    寺    城    

【城址碑】
別   名
所 在 地岐阜県瑞穂市美江寺
築城年月応仁文明頃(1470年頃)
築 城 者和田八郎
主要城主和田氏
城郭様式平城
遺   構城址碑

美江寺城は美濃国守護土岐氏の家臣和田八郎が居館を造営したのが始まりです

以後2代佐渡守、3代伊予守高成、4代将監高行と継ぎ最盛期となったが、土岐氏は衰勢し斉藤道三が台頭してきた

天文11年(1542年)大桑城の主君土岐頼芸を襲い尾張に追い、美江寺・十七条城主の和田一族も襲いこの美江寺城は焼失し廃城となった

考察・感想
城址碑は中小学校の校庭にあります。見学される場合は職員室に声をかけましょう
残念ながら遺構は残っていません
駐車場
中小学校の無料駐車場借用
目標物
中小学校
ホーム   バック