小 西 行 長 関 が 原 陣 跡 

【陣 跡】
別   名
所 在 地岐阜県不破郡関が原町
築城年月慶長5年(1600年)
築 城 者小西行長
主要城主小西氏
城郭様式
遺   構説明看板

北天満山に布陣した西軍の小西行長の陣跡です

ここに四千の兵を配し、午前8時頃戦闘開始ののろしをあげ味方に合図をするとともに西軍の主力として戦いました

小早川隊の裏切りの衝撃で混乱し、それに乗じた本多隊の襲撃で午後1時には兵士たちが敗退しはじめた

西軍の敗北が決まるとキリシタン大名ゆえ自決もできず春日山中へ逃亡した

考察・感想
コニシタンの小西行長の陣跡です
駐車場
無料駐車場有
目標物  小西行長関が原陣跡
関ヶ原合戦開戦地

ホーム   バック