駒    野    城   

【城址看板】
別   名
所 在 地岐阜県海津市南濃町駒野
築城年月永正年間(1504〜21年)
築 城 者高木貞成
主要城主高木氏
城郭様式山城
遺   構城址碑

駒野城は標高30mの丘に築かれた城です

築城は守護土岐に仕えていた貞成で、貞政・貞次が後を継ぎ斎藤道三に仕え勢力を伸ばした

後を継いだ貞次の娘婿貞久は始め斎藤氏に仕えていたが信長の美濃侵略が始まると織田氏に属し活躍した

信長が没後は信雄の配下となり小牧・長久手の戦いでは秀吉に攻められた

関が原の戦いでは西軍が大垣城に集結する通り道になっていたため西軍に属したが、東軍の進軍が開始されると東軍に属していた貞利・貞友の仲介によりこの駒野城は無傷開城したが戦い後は廃城となった

考察・感想
小学校の背後にある山が城址で遺構が残っているようです
今回は小学校前にある碑までしか行きませんでした
駐車場
駐車スペース有(数台)
目標物
城山小学校
アクセス
国道258号を大垣市から桑名市方面に進みます
「駒野」・「奥条」の交差点を過ぎ羽根谷の川沿いの交差点を左折し少し行き左方向に曲がると小学校があります
ホーム   バック