加   賀   野   井   城   

【説明看板】
別   名
所 在 地岐阜県羽島市下中町西加賀野井
築城年月不明
築 城 者不明
主要城主日比大三郎・加賀野井弥八郎秀望
城郭様式平城
遺   構城址看板

加賀野井城の築城年代は不明であるが天正年間(1573〜1591年)には加賀野井弥八郎秀望が織田信雄の臣下となり415貫文(1万石)を領して城主となっていた

本能寺の変後豊臣秀吉と主筋織田家との間に対立が生じ天正12年(1548年)4月長久手で秀吉の軍に攻め落とされた

考察・感想
田んぼの中にぽつんとこの茂みがあります
遺構はなにもありません。残念!!
こぼれ話
秀望は強勇の武将で伊吹山の凶族を討ったとか黄金1枚で8町四方の土地を買って墓としここに祀った地蔵が岐阜市の弥八地蔵であるとも言われている
駐車場
無(付近の道が通行量が少ないため少しだけなら駐車可能)
目標物
木曽川橋
ホーム   バック