今    須    城    

【鐘 楼】
別   名居益城
所 在 地岐阜県不破郡関が原町今須
築城年月承久3年(1221年)
築 城 者長江秀景
主要城主長江氏
城郭様式平城
遺   構

今須城は長江秀景が承久の乱後美濃国今須に移住し居を構えたのが始まりです

頼景・景助・重景・景康・高景・景秀・元景と続き高景の頃は美濃国の守護代であった

応仁の乱では守護土岐氏の留守を守っていた斉藤妙椿が京都への補給路確保のためこの今須城を攻め、景秀・元景は討ち死にし、一族は離散した

考察・感想
妙応寺が城址です。城主長江氏の墓があります
鐘楼がなかなかいいです
駐車場
妙応寺無料駐車場を借用
目標物
妙応寺
城主長江氏の墓です 一里塚です

ホーム   バック