蒲 生 郷 舎 関 が 原 陣 跡 

【陣 跡】
別   名
所 在 地岐阜県不破郡関が原町
築城年月慶長5年(1600年)
築 城 者蒲生郷舎
主要城主蒲生氏
城郭様式
遺   構

島左近と共に三成隊の先陣として終始右翼から奮戦激闘した蒲生郷舎の陣跡です

島左近、蒲生郷舎の働きにより黒田・細川・加藤の隊は容易に笹尾山を攻めることができなかった

西軍劣勢となると有楽の降伏勧告に腹を立て、敵中に踊り込んだ。その後有楽の家臣に討ち取られた

考察・感想
笹尾山の麓にあります
駐車場
笹尾山無料駐車場
目標物  島左近関が原陣跡
笹尾山

ホーム   バック