伏    屋    城    

【城址碑】
別   名一夜城
所 在 地岐阜県羽島郡岐南町
築城年月永禄年間(1558〜1569年)
築 城 者木下藤吉郎
主要城主伏屋氏
城郭様式平城
遺   構城址碑

伏屋城はあの墨俣一夜城と同じ伝説を持っている城である

織田信長が美濃を攻めるため、木下藤吉郎に命じて築かせた

秀吉は木曽川周辺に勢力をもつ土豪らの助けを借り材木を集め筏を組み木曽川を利用しこの地運び込み砦のような城を築いた

天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いで秀吉は最北端の砦として伏屋市兵衛に守らせた

考察・感想
非常にわかりずらい場所にあります。2回出かけてやっと発見できた
草だらけで、道から中に入ることができなかった
ひょっとしたらなにか遺構があったかもしれない?
でも、道から撮影しているだけで、蚊がブンブン飛びまわっていた
駐車場
無(橋を渡らずそのまま行くとスーパがあるので、そこに停めてお茶でも買って探すのも良いかも)
目標物
エサのカメヤ工場
アクセス
国道21号線を各務原から岐阜方面に進みます
各務原を過ぎ、「寺田」の交差点を左折します(国道は陸橋となっているため途中で下に降りておく必要があります)
県道179号線中野上印食線に入り、「伏屋」の交差点を左折します
エサのカメヤ工場が左に見えたら最初の橋を右渡ると左側にあります
ホーム   バック