福 島 正 則 関 が 原 陣 跡 

【陣 跡】
別   名
所 在 地岐阜県不破郡関が原町
築城年月慶長5年(1600年)
築 城 者福島正則
主要城主福島氏
城郭様式
遺   構説明看板

東軍の先鋒となった福島正則の陣跡です

ここに六千の兵を配し、南天満山の宇喜多隊と対峙しました

一番鉄砲の功名を井伊隊に横取りされるや、正則自ら鉄砲隊を指揮して宇喜多隊に一斉射撃を浴びせるなか一進一退の攻防が続いた

首取りで手柄を立てた可児才蔵が家康の賞賛を受けたといわれています

考察・感想
ここにある杉の巨木は、関ヶ原合戦図屏風にも描かれているそうです。樹齢800年と推定されています
駐車場
無料駐車場有
目標物  福島正則関が原陣跡
関ヶ原中学校

ホーム   バック