浅  野  幸  長  陣  跡  

【陣 跡】
別   名
所 在 地岐阜県不破郡垂井町
築城年月慶長5年(1600年)
築 城 者浅野幸長
主要城主浅野氏
城郭様式
遺   構看板

浅野幸長陣跡。ここは5奉行の一人であった浅野長政の長男で甲斐府中16万石の領主であった浅野幸長が関が原の戦いで南宮山の西軍に備え一里塚付近に陣を構えた

合戦後は和歌山37万6千石に加増された

考察・感想
ここには国指定の一里塚があり、こんもりと盛り上がっています
陣跡の遺構は何もありません
駐車場
路上駐車場可能
目標物
垂井一里塚
ホーム   バック