安 国 寺 恵 瓊 関 が 原 陣 跡 

【陣 碑】
別   名
所 在 地岐阜県不破郡垂井町宮代
築城年月慶長5年(1600年)
築 城 者安国寺恵瓊
主要城主安国寺氏
城郭様式
遺   構竪堀

毛利氏の外僧として活躍した安国寺恵瓊の陣跡です

伊勢方面から北上した安国寺恵瓊は毛利氏、吉川氏と共に南宮山麓に布陣したが、吉川広家の裏切りで動くことができず敗戦後逃亡、京都に潜んでいるところを捕まり六条河原で斬首されました

考察・感想
安国寺恵瓊は安芸の守護武田氏の遺児といわれており、武田氏滅亡後安芸安国寺で出家した
遺構が残っている所は案内看板の場所ではなく、東蛇溜池の西側にあります
駐車場
南宮大社
目標物  安国寺恵瓊関が原陣跡
笹尾山
竪堀です 陣所削平地です

ホーム   バック