畑    佐    城   

【城址碑】
別   名立壁城
所 在 地岐阜県高山市新宮町
築城年月室町時代
築 城 者山田紀伊守
主要城主山田氏・川上氏
城郭様式山城
遺   構空堀

畑佐城は標高701mの山に築かれた城です

この城は初め山田城にいた郡上長滝寺の代官であった山田紀伊守が築城した

永禄元年(1558年)三木氏に攻められ落城し紀伊守は自刃、一族も処刑された

こぼれ話(首切り場)
ここには首切り場といわれている三段に構えた平地があり山田紀伊守一族が処刑された跡がある
怨みを呑んで殺された婦女子の亡霊ががまの姿となって多数生息し夜になると悲しい鳴き声が聞こえるという
考察・感想
ここは結構遺構が残っておりなかなかいいですよ
今回は首切り場まで行けなかったが次回は進軍したい
駐車場
無(民家脇に無理やり駐車)
目標物
清美村役場
堀切です 堀切です。2段堀切になっています

本丸です 旗立岩です

二の丸です 郡上街道の碑です

ホーム   バック