関    城    

【本丸曲輪】
別   名安桜山城
所 在 地岐阜市関市安桜山
築城年月天文23年(1554年)
築 城 者長井隼人佐道利
主要城主長井氏
城郭様式山城
遺   構曲輪

関城は標高152mの安桜山の山頂の築城された、規模200m×160mの城です

長井氏は守護土岐氏の守護代であった斎藤氏の支族で、斎藤利国の嫡子利親が家督を継ぎ弟利隆は長井姓を名乗り斎藤氏の本城小野城に近い富野に志津野城を築いて本拠とした

長井利隆の子隼人佐道利は、父の拠城志津野城近くの椎倉城を築いて自ら居城としていたが西武儀の雄大矢田城の城主山田氏が道三に攻略されてから武儀地方に広く勢力を伸ばし関の安桜山に関城を構え本城とした

道利は道三の子義龍と謀り長良川の戦いで道三を討ち取り、道三と姻戚関係であった明智城を討伐し侵攻を重ねる織田勢を撃退するなど戦功をたて、日根野備中守とともに国主義龍の最も信頼する武将であった

義龍が急死して子の龍興が継ぐと信長の美濃侵攻が激しくなり東濃諸城の討伐が始まり大沢治郎左衛門正重の鵜沼城を誘降、多治見修理の猿啄城を攻略し堂洞城・加治田城を降し関城の長井道利を討伐する戦略であった

道利は堂洞城・加治田城と同盟を結び信長勢の迎撃体勢を固めたが、加治田城が盟約を破り信長の誘降に応じ堂洞城は落城し次は関城の番となった

道利は孤軍となり信長勢に立ち向かったが大軍の前に落城した

考察・感想
登城道は整備されており、遊びに行くにはいいかも?
山城の割にはあまり遺構がなかった
駐車場
専用駐車は無(市役所の無料駐車場50台有)
目標物
安桜山公園
アクセス
国道248号を岐阜から関方面に進みます
関市に入り右に行くとそのまま248号となる「栄町」の交差点を真っ直ぐ進みます
「市役所前」の交差点を右折し突き当たりを右折すると左側に駐車場があります
<
本丸に祭られている御嶽大神です ニの丸曲輪です

三の丸曲輪です

ホーム   バック