ホ ー ム 設計コンセプト

建築計画案

建築作品 住宅コンペ案 素朴な疑問 設計ネタ帳
お知らせ 設計者紹介 写真日記 家 創 り 設計監理料 メ ー ル

生空間設計

 
  □ジミー大西
    作品展

2013.03.27
 
 デパートの催物として「ジミーちゃん」ことジミー大西さんの作品展
 が行なわれていました。
 
 そのデパートでお歳暮を贈った際にもらった招待券で見て行こうと
 立ち寄ったのですが、満員状態。
 それも私と同様、招待券で見に来られた御年配の御婦人方が
 多数。
 
 みなさんその鮮やかな色合いや独創的な絵柄に驚嘆しながら、
 賛美を与えながら、賑やかに御観覧。
 抽象画が好きな私も、彼の絵に何か感じるところがあり、
 今回2度目になるのですが、またまた夢中で鑑賞。
 
 それにしても、確かに感じるこの絵の魅力はいったい何だろう?
 まず、彩りや繊細さ、奇抜さといったものは容易に理解できます。
 全ての作品を見終えた後で、私にとっての魅力に気づきました。

 彼の絵には、様々なビビットな色彩や具象的、抽象的形態が
 バラバラに配されていながらも画面全体がバランスを保っています。
 左右対称等の安定した静止状態ではなく、自然に視線が誘導
 されて画面全体を動き回って、動的均衡を感じるのです。

 彼の絵には「図」と「地」の関係が反転し続けるものが多くあり、
 そちらの絵の方に魅力を感じます。
 なので大きな船の一部に描かれたものや、小さなポストカードを
 離れて見ると、その魅力が半減してしまいます。
 
 あの岡本太郎氏が「キャンバスをはみ出せ」と助言した理由
 も、そのことを差しているような。
 いつか展示室そのものいっぱいに、自由に描かれた彼の絵に
 包まれた時に、何を感じられるのか。
 
 明るくユーモラスな表現の中に込められたメッセージは、
 ネガティブにとらえられがちな、それでも本質たる、
 この世の無常・生々流転・色即是空でしょうか・・・
 
  
      

post card

post card

post card