ホ ー ム 設計コンセプト 建築計画案 建築作品 住宅コンペ案 素朴な疑問 設計ネタ帳

お知らせ

設計者紹介

写真日記 家 創 り 設計監理料

メ ー ル

森園政之 生空間設計


 完了、竣工現場検査も合格し、
 無事竣工となりました。
 今回は、A棟の2層吹抜ピロティ、
 B棟のスクエアバルコニーが
 デザインポイントです。




     12.竣工
     左上 B棟2Fバルコニー
     右上 A棟ピロティ
     左下 AB棟北東外観

 内装工事、外壁工事に入ると急ピッチで
 工事は進んでいきます。
 完成形が見えてきました。






     11.内装・外壁工事
     左上 内装工事 PB下地施工
     右上 内装工事 PB下地施工
     左下 外壁工事 透湿防水シート施工

 建築監理において構造と雨仕舞は特に
 注意すべき項目です。
 屋根にのぼり、防水立上り250mm以上を
 確認し、バルコニーの小さな開口部への防水紙
 巻きと防水テープ貼、設備配管貫通部の
 シーリング処理も確認しました。
 指示したオーバーフロー管の設置も確認。



     10.防水工事
     左上 防水工事 パラペット防水紙施工
     右上 防水工事 開口部防水紙施工
     左下 防水工事 設備配管シーリング処理

 断熱材は、まず仕様(種類、厚み)をチェック。
 そして、オバーハング部、セットバック部等、
 施工し忘れそうなところを要注意。
 




    
     9.木工事
     左上 木工事 オーバーハング部断熱施工
     右上 木工事 オーバーハング部断熱施工
     左下 木工事 天井・壁断熱材

 この日は耐力壁の位置をチェック。
 構造用合板と筋交いの種類、方向、
 金物設置も確認。
 また、バルコニーの下地材 ケイカル板の施工
 や勾配、排水溝も確認。
 雨水排水ドレンが1箇所のみのバルコニーには
 オーバーフロー管設置と図面に明記しておいた
 のですが、忘れていた箇所があったので、
 設置するよう指示。


     8.木工事
     左上 木工事 構造用合板設置
     右上 木工事 筋交い設置
     左下 木工事 バルコニー床下地

 さあ、本日は建て方。この工事が無事終了
 すれば、竣工が見えてきます。
 プレカット図をしっかりチェックしたので、
 スムーズに工事は進み、プロポーションや
 スケール感を確認しました。道路沿いに
 設けた車3台分の駐車スペースが施工スペース
 としても有効利用されています。


     7.建て方工事
     左上 建て方工事 北西より
     右上 建て方工事 北東より
     左下 建て方工事 A棟2階

 基礎型枠をはずしてコンクリートの施工状況を
 確認します。今回は部分的ですが、
 打継部にズレやじゃんかが生じ、事業者の
 不動産業者様と現場にて施工業者さんに
 是正箇所を指示。構造的に問題になるような
 程度ではないので一安心。指示はしてないの
 ですが、丁寧に玄関・SICの土間立上りには
 断熱施工がされており、その方がより断熱性
 が高いのでそこはそのままに。

     6.型枠はずし工事
     左上 型枠はずし工事
     右上 A棟玄関・SIC土間断熱施工
     左下 基礎打継部ズレ発見

 基礎底版まで一端打設し、立上りの型枠を
 建込んで再度コンクリート打設。
 そんな中、基礎の一部に木片が残されて
 いるのを発見。
 型枠に使用した合板とのことで、
 耐力不足や、鉄筋の錆の発生、シロアリの
 餌にもなるので除去しモルタル補修するよう
 指示しました。
 

     5.コンンクリート工事
     左上 コンクリート工事 型枠工事
     右上 コンクリート工事 打設工事
     左下 コンクリート工事 木片発見

 基礎配筋検査を行いました。
 人通口の位置、設備配管ルート、
 深基礎部の配筋等 特に注意する箇所
 を中心にチェックしました。
 深基礎部分は鉄筋、打設コンクリート量共
 多くなり、コストアップは避けられませんが、
 合理的なプラン作成には必要経費です。

 
     4.基礎配筋工事
     左上 基礎配筋工事 北東より
     右上 基礎配筋工事 南西より
     左下 基礎配筋工事 A棟アルコーブポーチ

 もう一般的な仕様となっている べた基礎+
 防湿フィルム敷き工事。
 2重に地面から上がってくる防湿対策を
 施しているので、床下の環境も良好に
 保てそうです。


 
 
     3.防湿フィルム工事
     左上 コンクリート工事 南側より
     右上 コンクリート工事 北西より
     左下 コンクリート工事 北東より

 支持地盤が設計地盤面より2m以下
 でしたので、
 セメント系固化材と現場の土をユンボで
 混ぜ合わせて転圧する表層改良という
 地盤改良工事を行いました。
 道路レベルに合わせた駐車場と
 1m弱上がった建物レベルとの差が
 際立って見え、アプローチ階段によるスムーズ
 な導入が求められます。
  
     2.地盤改良工事
     左上 地盤改良工事 北側より
     右上 地盤改良工事 北西より
     左下 地盤改良工事 北東より
 
 緩勾配の道路沿いの敷地です。
 間口はまずまずありますが、
 現況レベルが道路から1m弱上がっており、
 南側にも今後中層建物は建てられそうです。
 これらの条件を整理してよりよいものを
 創りたいです。
  


     1.現況敷地
     左上 現況敷地 北側より
     右上 現況敷地 北西より
     左下 現況敷地 北東より