ホ ー ム 設計コンセプト 建築計画案 建築作品 設計コンペ案 素朴な疑問 設計ネタ帳

お知らせ

設計者紹介

写真日記 家 創 り 設計監理料

メ ー ル

森園政之 生空間設計

□惟信町の家


-三角形狭小角地の家-
   □建設地   愛知県名古屋市港区
   □用 途    一戸建ての住宅
   □構 造    軸組木造・2階建
   □延床面積  87.79㎡(26.55坪)
   □竣 工    2010.08
← 東側俯瞰
北東外観 →
← 南東外観
北西外観 →
← 1F LDK
1F LDK →
← 2F 主寝室
2F 子供室 → 
← 1F 玄関ポーチ
1F 玄関+坪庭 →

↓2F ロフト
 地元名古屋のA不動産会社様とのコラボレーション分譲住宅です。
 敷地は面積約33坪の三角形狭小角地、交通量の多い道路沿いにあるため、
 車の騒音対策とプライバシーを確保し、極力敷地を有効利用しなければいけません。
 もちろんローコストで。
 三角形敷地の長辺を基準ラインとしてそのラインに平行に建物を配置、プランニングしました。
 それにより、交通量の多い道路からは居室の窓を遠避け、敷地と建物の間に出来る
 三角形スペースを駐車場や駐輪場、坪庭といった機能を持たせながら、
 道路との緩衝スペースにしています。
 内部はリビングインの階段、ロフトで繋がる子供室、坪庭を臨む玄関等の一工夫を加え、
 更に外観を二つの切妻が重なる妻面を敷地コーナーに向けて延床面積以上に大きく見せ、
 街角のプチランドマークとしても意識させました。