ホ ー ム 設計コンセプト 建築計画案 建築作品 住宅コンペ案 素朴な疑問 設計ネタ帳

お知らせ

設計者紹介

写真日記 家 創 り 設計監理料

メ ー ル

森園政之 生空間設計


 階段納まり&仕上、軒樋&軒天換気金物、
 断熱材&防火被覆材等、設計者検査で指摘
 した箇所も是正され、
 民間検査機関の完了検査も合格し、
 竣工となりました。






 
     14.外構工事
     左上 アプローチ
     右上 ビルトインガレージ
     左下 駐車場

 外構デザインは不動産会社様の担当。
 この建物は限られたスペースの中で、
 軽自動車1台分のスペースと玄関ポーチを
 建物の下にビルトインしていますが、
 外の駐車場スペースも考慮してポーチ階段を
 斜めにカットして動線を振れさせたのですが、
 それを意識しながら、白黒が反転する
 平板ブロックを飛び石配置させています。
 


 
     13.外構工事
     左上 アプローチ
     右上 ビルトインガレージ
     左下 駐車場
 
 完成時期が迫っている中、仕上がった軒天
 を見ていると、軒天換気金物が未施工なのを
 発見。すぐ工務店さんに図面の位置・仕様
 で取付けを指示。
 そして、確認。
 この反復。





 
     12.軒天換気金物工事
     左上 サービスバルコニー上部
     右上 駐車場上部
     左下 1Fテラス上部
 
 ようやく階段工事に入りました。
 2Fから3Fへ上がる途中の踊り場下には
 壁がなく、その下の天井高がギリギリ
 なので、回り段板を受ける梁のレベルを
 しっかり事前指示・確認。
 また、床鳴り等起こらないよう段裏の補強や、
 下地収納の天井高を極力とるための下地材
 の配置を確認。
 更に、階段天井を極力スッキリ見せるよう、
 プラスターボード下地形状も現場で微調整
 しました。

      11.階段工事
     左上 階段踊り場受け材
     右上 階段直線部受け材
     左下 階段段裏下地材

 階段工事待ちの状態の竪穴です。
 階段設置が終われば内装仕上工事に
 入れます。
 軒天工事も天井裏の配管工事が終わり
 次第完了となるのですが、
 なかなか進まない・・・。




 

     10.内装下地工事
     左上 階段室竪穴
     右上 階段室竪穴
     左下 1Fガレージ天井

 最上階の天井プラスターボードを張る前に天井
 断熱施工をしっかり確認。一部、位置を変更
 したはずのところに天井裏点検口下地が施工
 されていたので、是正指示。工務店さんから
 大工さんへの連絡がなかったとのこと。
 1F床下点検口も同様なところがあったり、
 1F主寝室の上部梁下いっぱいに天井を張る
 箇所に電気の配線が通っていたので、直接
 大工さんにも注意して施工するようお願いして
 おきました。
 

     9.内装下地工事
     左上 3F洋室天井断熱&下地
     右上 3FWIC天井断熱&下地
     左下 1F主寝室天井裏配線

 施工忘れしやすい箇所を重点的にチェック。
 小屋裏換気口、給気口、エアコンスリーブ、
 断熱材範囲・仕様、低天井高、
 電気設備位置、天井裏・床下点検口、
 各種木下地等。
 けっこういっぱいあります・・・。
 





     8.各種工事
     左上 小屋裏換気口
     右上 屋根下地材
     左下 鋼製コンセントボックス

 省エネ等級4の高性能な断熱材で
 建物をすっぽり覆う断熱工事。
 事前に、オーバーハング部床、セットバック部
 天井等、忘れやすい箇所を打合せして
 おきました。
 するとUB基礎立上り断熱材の施工忘れに
 気づき、断熱指示。
 仕上材で全て塞がれる前でよかったです。




     7.断熱工事
     左上 壁断熱材
     右上 壁断熱材
     左下 UB基礎
 
 高度地区の北側斜線が、西側隣地境界線
 から掛かってくるため、いつものように
 外周三方にパラペットを立上げることは出来ず、
 東側は三方パラペット立上げ、
 西側は西へ片流れの屋根形状としました。
 外観デザインも、その屋根の掛け方の方が、
 より特長付けられるようです。
 一部、屋根下地材等に不備があり是正指示。
 また、耐震等級3レベルの1Fはいつものように、
 筋交いの森のようです。





     6.建て方工事
     左上 屋根アスファルトルーフィング
     右上 屋根アスファルトルーフィング
     左下 筋交い

 雨が降っていたのですが、コンクリート打設で
 ホールダウン金物の位置がズレていないか見て
 きました。金物固定したこともあって、大きく
 ズレているところは見当たらず。
 まずまずではないでしょうか。
 設備配管も施工されており、土台工事、
 建て方の準備は出来ました。





 
     5.床下設備配管工事
     左上 基礎(北東より見る)
     右上 床下設備配管(洗面室、トイレ)
     左下 基礎(南東より見る)

 基礎立上りコンクリート打設前にホールダウン金物
 の位置確認を行いました。
 つい現場任せになってしまうチェック項目
 なのですが、ここのところコンクリート打設後
 設置位置のズレが目立つので、工務店の
 設計担当の方と一つづつ丁寧に確認しま
 した。特にホールダウンアンカーボルト、アンカーボルト
 の固定を金物にて行うよう、徹底しました。
 


 
     4.基礎型枠工事
     左上 基礎型枠(北東より見る)
     右上 基礎型枠(南西より見る)
     左下 ホールダウンアンカーボルト固定

 瑕疵担保保険会社のJIOさんと共に、
 配筋検査。
 建物設置レベルはフラットですが、ビルトイン駐車
 スペースがあるので、その廻りだけ深基礎。
 そこは間違いなく施工されていましたが、
 玄関ドア下部等一部、鉄筋が足りない
 ところや、一部コーナー部人通口補強筋の
 是正、一部カブリ不足等ありましたが、
 最近の検査の中では検査管さんからの
 御指摘は少なかったです。
 ですが、ビルトイン駐車スペース東側基礎の
 打継ぎ面より地盤面が高くなるので、
 念のため止水板を施工してもらうため、
 午後からのコンクリート打設を後日に延期
 してもらいました。工事業者様、御協力
 ありがとうございました。
 
     3.基礎配筋工事
     左上 敷地北西より見る
     右上 敷地南西より見る
     左下 配筋手直し
 
 地盤調査の結果は良好な地盤で、地業
 工事に注意すれば、直接基礎も可能と
 いう診断でしたが、施工の精度等考慮し、
 安全をみて、砕石パイルによる地盤改良を
 行うことにしました。
 高見の家で初めて採用した、HySPEED工法
 ですが、φ400mm・長さ1.5mの砕石をパイル
 状に19本形成して地耐力30kN/uを確保
 します。その工程を見ていると、あまりに
 簡単な工事に感じたのですが、一般的な
 柱状改良も砕石の代わりにセメントミルクと土で
 パイルを形成するので基本的にはあまり変わら
 ないと思うのですが。やはりコンクリートに対して
 感じる安心感は独特です。地盤強度、建設
 コスト等考慮してここでは砕石パイルでの補強
 となりました。

     2.地盤改良工事
     左上 砕石パイル孔掘削
     右上 砕石パイル形成(砕石注入)
     左下 砕石パイル形成後
 
 今回の敷地は北側4M未満の道路に接し、
 東、南、西面の三方を2、3階建ての家に
 囲まれた、やや閉鎖的な約25坪の敷地。
 しかし、間口は8M弱あったため、先日竣工
 し即売した、今池南の家のプランが入ります。
 敷地の南北方向と真北方向にわづかに
 角度があり、20M高度地区の北側斜線が
 西側隣地境界線沿いにかかってきます。
 敷地奥行が約11Mなので、普通に建てると
 駐車場は1台。やはり車2台分の駐車スペース
 は、出来ればほしい昨今。割り切って
 軽自動車をビルトインさせるプランを思い付き、
 北側斜線をクリアしながら、外観を整えた
 案が採択されました。

     1.現況敷地
     左上 現況敷地(敷地北側から見る)
     右上 現況敷地(敷地北側から見る)
     左下 現況敷地(敷地北東から見る)