ホ ー ム 設計コンセプト 建築計画案 建築作品 設計コンペ案 素朴な疑問 設計ネタ帳

お知らせ

設計者紹介

写真日記 家 創 り 設計監理料

メ ー ル

森園政之 生空間設計

□田光の家


-南北3建並びの家-
   □建設地   愛知県名古屋市瑞穂区
   □用 途    一戸建ての住宅
   □構 造    軸組木造・3階建
   □延床面積  A棟:113.43㎡(34.31坪)
            B棟:107.67㎡(32.57坪)
            C棟:130.03㎡(39.33坪)
   □竣 工    2014.01、2014.04
A、B棟外観 ← 南側外観
南西外観 →
A棟内観
← 1階LDK
1階LDK+和室 →

← 1階LDK+階段室

1階和室+LDK →

← 1階K+LD

1階K+洗面室 →

← 2階主寝室バルコニー

2階子供室1、2 →
B棟内観
← 1階LDK+和室

1階LDK →
← 1階DK+和室
1階L →
← 1階LDK
1階和室+LDK →
← 2階主寝室
2階子供室1、2 →
C棟内観 ← 2階LD
2階LDK →
← 2階K
2階トイレ →
← 1階主寝室+インナーガレージ
3階廊下+子供室3 →
← 3階廊下+子供室1
3階子供室バルコニー →
 
 南に4.5M、北に約12Mの道路に挟まれた土地に3件建てる計画。
 東西間口が13M弱なので、3棟横並びは無理。南側に東西間口が細く南北奥行のある2階建て
 2棟(A棟、B棟)とし、北側に東西間口が広く南北奥行の浅い3階建て1棟(C棟)としました。
 A、B棟は2階北側外壁をセットバックさせ、C棟は2階にLDKを配置して、北側配置により日当りが
 損なわれるC棟のデメリットを軽減しました。A、B棟は1階にLDK+和室を南北に繋ぎ、敷地の奥行
 をそのままプラン可。耐力を確保しながら極力陽光が室内奥まで入るよう、タスキ掛け筋交いを
 露出し、通常外壁とするところにもサッシを取付け、障子の可動間仕切りも天井までのビックサイズと
 しています。2階階段にもハイサイドライトを設置して中廊下の採光とし、光りの導入を徹底しました。
 A棟は対面キッチン、2ウェイ洗面室、B棟は独立キッチンとして、それぞれ個性化しました。
 C棟は2階に東西にLDKを並べる贅沢な間取り。南側外壁をセットバックさせて9Mを超える南間口の
 バルコニーを添えました。LDの一部を階段から続く動線と兼用し、縦動線と収納スペースを北側に薄く
 処理することによって、3階の子供室、1階の主寝室を含めて、都市型分譲住宅では難しい全室
 南採光を実現させました。主寝室から直接出入りできる明るいインナーガレージも魅力です。