博麗神社花火大会に伴う臨時列車



博麗神社花火大会は、第117季 8月15日より毎年この日に開かれ、19:30〜20:30の間に約3500発の花火が上げられます。


運行開始

第117季(2002年)8月より


臨時列車の歴史

第117季 8月15日(第一回)・・・上り列車において日中に4時間空くダイヤに臨時列車を1本増発(153系6連)、下りはなし。
上り最大乗車率・・・49% 下り最大乗車率・・・73%

第118季 8月15日(第二回)・・・第117季12月1日に行われたダイヤ改正で4時間空いていたダイヤの間に1本定期化したため、増発は上下線ともなし。
上り最大乗車率・・・70% 下り最大乗車率・・・91%

第119季 8月15日(第三回)・・・乗車率に深刻さが見られないため、上下とも増発はなし。
上り最大乗車率・・・99% 下り最大乗車率・・・115%

第120季 8月15日(第四回)・・・第119季10月16日ダイヤ改正で定期列車の増発対応を行ったため、上下とも増発はなし。
上り最大乗車率・・・98% 下り最大乗車率・・・127%

第121季 8月15日(第五回)・・・臨時列車を上りに4本、下りに22時台1本,1時台1本の計2本を設定、17時17分頃に発生した地震の影響で17:20頃〜19:55頃に渡って運転を見合わせ、開催時刻も21:00〜22:00となった。
上り最大乗車率・・・172% 下り最大乗車率・・・119%

第122季 8月15日(第六回)・・・幻想入りをする人もまだこの時点ではほとんど見られることもなく、外部客はわずか数名であったが、昨年のトラブルを教訓に定期列車を巻き込んだ大幅な時刻変更と共に上りは16時台〜19時台に5本、下りは21時台〜1時台に4本の増発を行った。又、第121季7月8日に白玉楼庭園前駅開業により、白玉楼庭園前発着の臨時列車も1本ずつ設定。
上り最大乗車率・・・106% 下り最大乗車率・・・120%

第123季 8月15日(第七期)・・・幻想入りをする人が激増、上りは16時台〜20時台に6本、下りは20時台〜1時台に6本の増発、それでもこの増発すら対応しきれず下りの終電に関しては積み残しも発生、本来の設定になかった2時台・3時台にも増発するなどの対応が追われた。
上り最大乗車率・・・329% 下り最大乗車率・・・395%

第124季 8月15日(第八回)・・・上り16本・下り20本の増発ダイヤで臨むも、夏コ○の東○ジャンルと重なってしまったため、予想の10万人以上をはるかに下回る観客数となってしまい、昨年程の大きな混雑は見られなかった。
上り最大乗車率・・・189% 下り最大乗車率・・・173%
第125季 8月15日(第九回)・・・初の団体臨時列車での運転が実施された(元JR165系「なのはな」)
一方臨時列車は上り14本・下り37本の増発となった

また、観客動員数は予想の10万人を超えなかった
※上り最大乗車率・・・265% 下り最大乗車率・・・181%





開催年 第117季 第118季 第119季 第120季 第121季 第122季 第123季 第124季 第125季 第126季 第127季
動員数 542人 791人 875人 1088人 1236人 1520人 73645人 27624人 73933人 70523人 69953人
最大遅延時分 0分 0分 0分 2分 116分 6分 14分 0分 3分 15分 17分
前年比   145.9% 110.6% 124.3% 113.6% 123.0% 4845.1% 37.5% 267.6% ----% ----%


第124季(2009年)8月5日作成 第125季(2012年)12月19日更新

TOPへ戻る