内定通知

選考試験を通過し、採用決定・内定通知を頂いたらなるべく早くに返答をしましょう。返答をせずにおくと、辞退したものと思われてしまう事もあるので注意しましょう。メールでもかまいませんが、見落とされるかもしれないので、採用担当者に電話し、直接入社する旨を伝えるのが一番確実な方法です。

円満退職のために

現在いる会社は、もう退社するものだからと、自分の都合で勝手に退職の話を進めるのはよくありません。社会人としてのマナーと言う問題だけではなく、2度と関わらないとは断言できず、いつどこで今の勤務先が取引先となるかわかりません。退職は現在の会社と転職先との都合をすり合わせ、円満に行いましょう。

退職の手順

退職を切り出すタイミング

希望退職日の出来れば、2ヶ月前に直属の上司に切り出します。法律上は14日前に言い出せば退職は可能ですが、円満に退職するためには出来るだけ期間を持つ事が大切です。 退職日は上司と相談し、業務の引継ぎや残務処理に問題がないように退職日を決定します。その上で、転職先への入社日を決定しましょう。

退職意思の明示

退職の意思はまずは直属の上司に伝えます。相談の形で切り出し、退職したいことを伝えましょう。引きとめられる事もあるでしょうが、意思は決まっていることを伝えれば理解してもらえるでしょう。

退職日の決定

担当する業務の後任への引継ぎ、残務処理など無理がなくキチンと引き継げるよう計画を立てる。退職日の決定は、現在の社内事情を考慮し決める事で円満退社へとつながります。関わっているプロジェクトが中途半端な時期に退社するのは好ましくないだろうし、転職するのであれ自分の責任は果たさねばなりません。 転職先への入社日がどうしても調整が出来ない場合は、その旨を上司に伝え退職日を調整してもらいましょう。

退職届の提出

退職理由・退職日を明記し、宛名は代表取締役社長としますが上司に提出します。

引継ぎ

どの業務を誰にいつまでに引き継ぐのか、いつまでに何を用意すればいいのか、余裕を持ったスケジュールを立てましょう。退職日の3日前までに終わらせるようにすると、予定外のことにも対応でき確実な引継ぎとなるでしょう。

退職の手続き

退職時には、様々な書類等を提出します。退職願、各種の社会保険等手続きの書類、健康保険証などです。また、制服、名刺、通勤定期券など借用していた備品なども返却します。会社から受取る書類は、離職票(退職後10日ほどで受け取る)、雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収票などです。

退職後の計画

退職日から転職先への入社日までの期間がある場合、退職後の生計を考えておく必要があります。転職先が決まっていない状態で退職した場合は就職先が、特に失業保険の給付開始日、給付日数などをあらかじめ確認しておきましょう。