面接を受ける

書類選考を通ると、1次選考となりますが、面接だけ行う企業と同時に筆記試験を行う企業があります。当然、面接のほうが重視され、筆記試験はそれを補足するものですが、選考の要素となることには違いはありませんので、可能な限り対策を施して挑みましょう。 「筆記試験あり」とだけの連絡で、内容に関しての具体的な記載がない場合は、どんな試験をどんな形式で行うか問い合わせてもかまわないでしょう。

面接の流れ

1. 訪問・待合
待機室で雑誌を読む、喫煙するなどの行動は避けます。どこで見られているかわかりません。応募先のパンフレットを渡されたらそれを呼んでおとなしく待つようにしましょう。
2. 入室
ノックをしてから入室します。自分の名前を名乗り、相手に促されてから着席しましょう。
3. 質疑応答
質問にはハキハキした口調で答えましょう。実体験などを含め、具体的に話すとわかりやすいでしょう。面接の最後にはこちらから質問できることが多いです。ここでは賃金などに関する質問はしないこと。賃金の交渉は相手から具体的に提案があってから始めましょう。
4. 退室
面接の機会をもらえた事について、感謝を伝え、合否の連絡が来る時期を明確にしておきましょう。

面接時の服装

最も大事なのは清潔感のある服装です。印象の殆どは見た目で決まるものです。例え自分のキャリアに自信があっても他の応募者が自分より劣るキャリアだとは限りません。同じ程度であれば、印象で可否を決めるものなのです。

面接官に清潔感のある良い印象を与えるように心がけましょう。入室前に鏡でチェックしてから行った方が良いでしょう。

面接時のマナー

基本的なビジネスマナーが身についていない人を採用しようとは思わないでしょう。面接の控え室での立ち振る舞いから、面接終了までの行動が見られていると思って行動しましょう。

面接官も同じ人間ですから、あまり緊張しすぎずリラックスして試みるようにしたいものです。

評価ポイント

・意欲・意気込み
新しい職場・仕事での意気込みは未経験の職種や業種に応募した場合に、実務能力よりも重要な項目となるかも知れません。意欲の感じられない転職者は能力の評価の前に問題外となるでしょう。意気込みは応募前の企業研究をしっかりと行っているかが判断基準となります。つまり、会社の事業、応募職種の業務を理解し、どこに関心を持ち応募したのかが判断基準の1つとなるのです。応答の声、態度、目線などにも明確に現れるので注意しましょう。
・目標・ビジョン
会社に入り何がしたいのか、何を目指しているのかがハッキリしないと、多数応募した中の一社に過ぎない、単なる憧れからの応募、などと思われてしまいます。将来の目標や夢の話は難しいかもしれませんが、入社後はどんな仕事をしたいのかなるべく具体的に答えましょう。
・実務能力
転職者の場合は、即戦力を求められます。実務能力が採用の基準に達しているのかは非常に重要となります。今までの業務経験を質問され、募集した人材とマッチしているのかを見極められます。今までの経験に関することは必ず質問される。実績、知識、スキルを具体的に伝え、自分が募集した職種に合った人材であることを伝えたいものです。
・人間性・職場適応性
当然だが仕事は一人で行うものではなく、同僚と力を合わせて進めるものです。協調性や人間性を見て、社風にある人材かどうかを見られます。人間性というのは行動の端々に出るものなので、立ち振る舞いや表情、視線に注意し、圧迫面接でもうろたえる事のないように心して臨むようにしましょう。